Windows版MongoDBの設定ファイル指定と、Web UI無効化

mongodはデフォルトで、port 28017 にアクセスすることでブラウザから動作をモニターできる、というのをSymfony2勉強会で教えてもらいました。

このHTTPインタフェースは、/etc/mongodb.conf に

nohttpinterface = true

のように設定することで止められます。(設定できる項目についてはここ)

しかし、Windowsの場合は? mongodb.conf をmongod.exe と同じ場所においてみましたが、別に読み込んでくれません。


> mongod --config mongodb.conf

と明にファイルを指定することはできましたが、デフォルトのconfファイルの場所というのがあるかはわかりませんでした。

また、このWeb UIからRESTで格納されたデータを参照するためには、


> mongod --rest

のオプションをつけて起動する必要がありました。(デフォルトでオフ)