ゴーストトゥイッタラー(Ghost Twitterer)

有名人がブログを書きまくるタレントブログは、英語圏にはそれほど見られない日本のウェブの特徴だ、と思うのですが、アメリカではブログではなくマイクロブログ(というかtwitter)に有名人が多数参入しているようです。


ニューヨークタイムズの記事
によると、50セントのtwitter(なんとフォロー数23万人)などは本人が書き込んでいるわけではなくて、ディレクターが書き込んでいるのだとか。

日本のタレントブログは、ほとんどが「本人が書いている」ことになっていると思いますけど、アメリカでは、ブログやtwitterを書かせるためのゴーストを雇っていることを公言している有名人も多いのだとか。カニエ・ウェスト、オバマ大統領などもそう。本人が言った言葉を再構成して書くのであれば、直接キーボードを打ってなくてもいい、という考え方なんですかね。

シャキール・オニールのように、「たった140文字を書くためにゴーストライターが必要な人がいるとしたら、気の毒だね」と言う有名人もいるようですけど。また、ブリットニー・スピアーズのtwitterは、発言ごとに署名が入って、本人が書いたのかマネージャーその他が書いたのかわかるようになっています。

人を雇ってつぶやかせる、というこのゴーストトゥイッターがファンに受け入れられる、あるいは、ファンにばれないように巧妙にやる有名人が増える、としたら、トゥイッターでつぶやくという職業を持つ人がこれから増えるのかもしれないですね。

via ReadWriteWeb


投稿日

カテゴリー:

投稿者: