読んだ4!の機能更新 – Android用バーコードリーダー, 不具合修正など

twitterで読書記録を取るサービス読んだ4!の更新情報です。

Androidケータイで書籍のバーコードを撮影すると書名情報を持ってきて読んだ4につぶやくというアプリ読んだ4レコーダーをリリースしました。

また、利用イメージを伝えるために、人生で初めて動画を作ってみました。数日前に出たWindows Liveムービーメーカーというのを使ってみたのですが、動画ってすごく簡単に(しかもOSの無料アプリで)編集できるようになってるんですね。

また、アカウント名がすべて数字というユーザーで個人記録ページが表示されずエラーになるのを修正しました。(thanks to @090428)

それと、一覧表示のデザインを多少改善しています。

[読んだ4!] 更新-ユーザーデザイン、Autopagerize対応など

今回リリースの修正点 (カッコ内は要望をくださったユーザーです。抜けがあったらごめんなさい)

  • ユーザーページに、そのユーザーのtwitterでのデザインを当てるようにしました
    (@tomsan2002 他)
  • ユーザー毎の読書記録RSSは存在したのですが、APIの解説からのみ案内されていたのを、ユーザーページからも案内するようにしました(対応ブラウザでユーザーページからRSSを購読するときに表示されます)
    (@chlono, @knnkanda 他)
  • 「今、人気の本」をサイドバーに表示するようにしました
  • Autopagerizeに対応しました。対応環境ではページ最下まで行くと次のページの情報がそのまま表示されます

読書記録サービス読んだ4!を更新しました。削除・ISBN・ユーザー毎APIなど

@yonda4supportにバグ報告や要望を投げてくださったみなさん、ありがとうございます。いただいた要望全てに対応できてるわけではないですが、できるところを修正して更新いたしました。

主な更新点は以下です。

– 10桁のASINだけでなく、13桁のisbnコードも認識するように

thanks to id:torin

– @yonda4と書名、書名と感想の間のスペースを全角スペースでも大丈夫なように修正

thanks to @nakamiti

– 読書記録の削除機能を追加

thanks to 多数

– 書影上部の表示をつぶやきから書名に変更

thanks to @suzuro2045

– APIのJSON callbackに数字を許すように修正

thanks to id:mattn

– APIでユーザー毎の読書記録が取れるように

これで、ユーザー向けのブログパーツ等が作れるようになったと思います。

thanks to @kwmr

– サーバー会社に怒られたので、更新間隔を少し減らしました

つぶやきの反映にかかる時間が10-15分ぐらいかかります。サービスが好評ならもう少し良いサーバに移転したいと思いますが、今はこれで許してください。速報性というより記録のサービスということで。速報性もあると面白いというのはわかってますけれど…

洋書・スペースを含む書名、への対応は、まだできていません。なんらかの記法を導入して、書名と感想部分を正しく切り分けることになると思いますが、専用の記法を覚えるのは、たまに思い出して使うという方には不便なので、なるべく直感的なものを今検討中です。

引き続き読んだ4には手を入れていきたいと思いますので、ご意見をお聞かせください。