同じ名前の空港、同じ名前の空港間でのフライト

「松山-松山」のチャーター便のニュースが話題になっていました。

松山市と台北市にある同名の「松山空港」を結ぶ中華航空のチャーター便が11日就航し、台北の空港に到着した中村時広・愛媛県知事らを●(赤におおざと)龍斌台北市長らが歓迎式典で出迎えた。両空港は英語表記は異なるが漢字は同じ。発着地が同名の便の就航は世界初という。

「松山―松山」便が就航 日台、発着地同名は世界初  :日本経済新聞

台湾のサイトの英語ページでも同じニュースを解説していました。発音は「マツヤマ」と「ソンシャン」ですが、漢字は同じでその意味は”pine mountain”である、と。

世界にある、同じ名前の空港

同じ名前の空港同士で飛行機が飛ぶのは初めて、という風にニュースにありますが、同じ名前の空港自体があるかないかを調べてみました。こちらのサイトによれば、以下のような同名、あるいは似た名前の空港が存在するようです。カッコ内は存在する国と空港コードです。

バルセロナ

Barcelona(スペイン, BCN)
Barcelona(ベネズエラ, BLA)

ケンブリッジ

Cambridge Bay(カナダ, YCB)
Cambrigde(イギリス, CBG)

コルドバ

Cordoba(アルゼンチン, COR)
Cordoba(スペイン, ODB)

フローレンス(フィレンツェ)

Florence (Firenze) – Peretola Airport(イタリア, FLR)
Florence(イギリス, FLO)

フォートスミス

Fort Smith(カナダ, YSM)
Fort Smith(アメリカ, FSM)

グラスゴー

Glasgow(イギリス, PIK)
Glasgow(イギリス, GLA)
Glasgow(アメリカ, GGW)

ハイデラバード

Hyderabad(インド, HYD)
Hyderabad(パキスタン, HDD)

マンチェスター

Manchester(イギリス, MAN)
Manchester(アメリカ, MHT)

ニューカッスル

Newcastle(イギリス, NCL)
Newcastle(ミナミアフリカ, NCS)

ポートランド

Portland(オーストラリア, PTJ)
Portland(アメリカ, PWM)
Portland International(アメリカ, PDX)

サリナス

Salinas(アメリカ, SNS)
Salinas(エクアドル, in Ecuador with airport code SNC)

サン・ホセ

San Jose(メキシコ, SJD)
San Jose(コスタリカ, SJO)
San Jose(アメリカ, SJC)

サン・サルバドル

San Salvador(バハマ, ZSA)
San Salvador(エルサルバドル, SAL)

サンタ・マリア

Santa Maria(ポルトガル, SMA)
Santa Maria(アメリカ, SMX)

サンタ・ロザ

Santa Rosa(アメリカ, STS)
Santa Rosa(ボリビア, SRB)
Santa Rosa(ブラジル, SRA)
Santa Rosa(アルゼンチン, RSA)
Santa Rosa(ホンジュラス, SDH)

サンタ・ロザリア

Santa Rosalia(コロンビア, SSL)
Santa Rosalia(メキシコ, SRL)

同じ名前の空港は、上のようにそれなりにはありますね。

両方が大きな空港じゃないと、国際線で直接飛ぶようなことはないですし、これらの同名空港の間にでは飛行機が飛んだことはなかった、ということなんでしょうかね。

[台湾 1] 台湾へのフライト

さて台湾への出発日。当日朝も荷造りでバタバタし、また図書館へ本を返したり郵便局へ帰国まで郵便を止める手続きをしにいったりと、余裕なく動く。成田エクスプレスで空港第二ビルへ。

キャセイパシフィッツのカウンターでチェックイン。幼児用の、前に壁のある座席はまだ空いてるかわからないので、横4席をまとめて抑えましょうか、といわれ、喜んでと答えました。

今回、海外旅行保険をまかなうために初年度無料のクレジットカードを取ったのですが、カードのサービスの中に成田空港のラウンジサービスがあったので使ってみました。オーバーブックでビジネスにあがったときぐらいしか縁のないラウンジですが、ラウンジのレベルもいろいろあるようで、ネットカフェとあまり変わらない感じでしたが。でもe-mobileがつながらなかったので無線LANは助かりましたが。

# そのラウンジでe-mobileが入らないだけの話かもしれませんけれど。

搭乗ゲートで座席変更を伝えられました。幼児向けの席が確保できたので移ってくださいと。すばらしい。

機内では、荷物入れに入れた荷物の中に少しだけ白湯を入れた哺乳瓶を忘れてしまい、離陸から高度が上がっていくときに子供が泣かないかとひやひや。耳がツーンとしたら水やミルクを飲ませるのがいいということだったので。しかし意外に大丈夫。

上に上ったところでCAがバシネットを出してきてセットしてくれました。

送信者 Taiwan

ちょうど寝付いたので寝かせたのですが、30分ぐらいで起きてしまい、その後はずっと飲んだりわめいたり暴れたりしていて、バシネットフル活用とはいきませんでした。でも、バシネットに座らせてあやすとかもできてよかったです。

途中、ミルク用のお湯を二回貰いました。どのCAも日本語か英語で伝わったし、気遣いも良く、キャセイに好印象。

4時間5分のフライトは子供が起きていると長く感じたけれど、大泣きして周りを困らせるということもなく、なんとか到着。

到着前の機長のアナウンスで、台北は雨で気温は12度というのを言ってましたが、その温度どおり南に来たのに特に温かくもない。

到着ロビーに出て、まず両替。空港より街中がレートが良いという一般的な情報と、台湾では街中で両替できるところが少なくて大変という情報があったけれど、宿代と当座の生活費を全部台湾ドルに換金。

送信者 Taiwan

最初高速バスで宿に一番近い降り場で降りて10分ぐらい歩くつもりだったけれど、ロビーから外を見た感じでも雨が降って暗かったのと、荷物の中に小さい折りたたみ傘一個しか持って来てなかったので、バス+タクシーの合わせ技に変更。国光客運で台北駅までのチケットを買います($125(1万4123円))。50分ほどで鉄道の台北駅横に到着。夜だからかもしれませんがえらく天井の高く広い駅の中には人がぱらぱらと少なかった。

そのまま台北駅の2Fで夕食を取ることに。エスカレーターで上がったところの蘭州粒麺の店「功夫」。

送信者 Taiwan

# しかし適当に入ったけどちゃんと日本語情報ページとかあるんですね。

食後、駅の西側のタクシー乗り場からタクシーに。印刷した宿の名前と地図を渡し、10分ほどで到着($115(1万2993円))

守衛がドアを開け、トランクを引いて上のフロントまで連れて行ってくれました。今日の人は日本語がしゃべれないが、あらためて日本語で説明した紙があったのでそれを読み残金を支払う。

部屋まで案内されて鍵をもらう。今日はほとんど説明なし。ウェブサイトでみた写真は奇麗だったけど、新築なわけじゃないのであまり期待してませんでした。しかし、白い壁が真っ白で、落ち着いたデザインでとてもキレイな部屋。広さは狭いけど。液晶テレビのでかいのとDVDプレイヤー、スピーカーが天井や地面についてる。バスルームにはウォシュレットまで。

送信者 Taiwan

冷蔵庫に小さな水のボトルはあったけど、もう少し元気があるということで、10分ぐらい歩いてセブンイレブンに行きました。台北市内はファミリーマート・セブンイレブンがそのへんじゅうにあり、その他のコンビニもひしめきあっているようなのですが、中国語での検索にちょっと慣れておらず、上記のちょっと遠いコンビニとなりました。実はあとでもっと近いのがあるのに気付きました。

さてセブンイレブンですが、小さなカフェのカウンターとミニストップのような飲食するテーブルがある以外は、ほとんど日本のと同じだなと感じました。それどころか、飲み物やお菓子などパッケージが日本語だらけ。ちょっと前に旅行した友人のセルカン・トトさんにも聞いてましたけど、どんだけ日本語好きなんだ、というぐらい。変な日本語もあるけどちゃんとしたものも十分多いです。

とにかく棚がこんなことになっていると、日本を離れた気がしないです。

送信者 Taiwan

なんか赤いドリンクと大きなミネラルウォーター、夜食にミルクとコーンフレークがセットになったものを購入。

ここのところ子供がどんどん夜更かし方向へシフトしており、睡眠が3時とかになってたのですが、長時間移動のつかれもあってか子供も寝てくれたので、日付の変わるころには就寝となりました。