イギリス: グーグルストリートビューに写った道端の少女の死体?に大騒ぎ

イギリスのニュースから。Googleストリートビューで道端に行き倒れた少女らしきものが写っている、という話が広まり、大騒ぎになったようです。以下がその地点、イギリス南部のウォーセスターウースターのとある街角ですけど、靴も脱げているしちょっと普通じゃない光景ですよね。


View Larger Map

しかし、英テレグラフ紙によれば、取材の結果これは近所の子が死んだように遊んでいただけだ(どんな遊びだそれ)、ということがわかったそうです。動画ではこの死んだふりをしていた子と母親が話していて、道端で死んだように寝てる状態を再現しています。

というわけで、「騒ぎは速やかに解決しました」とレポートは締めているのですけど、この答えてる少女は写ってた少女と違ってたりして、とか考えるとちょっと怖いかも。町の人とかも全部グルで。ホラー映画っぽい。

あと、こんな細い道路でストリートビューカーのドライバーは、何も気づかなかったのか、見えてたけど無視して職務に邁進したのか、はたして。

via Google Blogoscoped

アレクサ+ニコニコ問題の記事書いたよ

Markezine+サイボウズ・ラボブログで。

「正しいのか、間違ってるのか、ムハーーー!!!!」みたいな感じになってる人は、いろいろ自分で調べるか、時間ないなら「ようわからん」ぐらいに済ませておくのがいいと思いますよ。

ちなみに、震源地のトレビアンを受けて乗っかり記事を書いていたJ-CASTをAlexaで見るとこう。

あら? 「J-CAST」アクセスが頭打ち 飽きられてしまったのか

トレビアン/livedoorも、長期低落傾向ですね。もしアレクサのグラフが彼らの言うとおりアクセス数だったら、ですけど。

[am]B000148K16[/am]

ドクター中松を評価するのもいい加減にしてほしい

週刊ダイヤモンドで、発明家としてドクター中松から半ページのコメントを取っていました。

コメントの中では、「フロッピーディスクを発明した」とかまた書いてるけど、発明してないってば。

ドクター中松の言動をテレビなんかで一度でも見れば、そんな賢い人じゃないのはわかるだろうに、「天才は変人が多い」という思い込みのせいか自己申告の発明とやらを真に受ける人が多いのは困ります。

ドクター中松が評価されたってお前には関係ないからほっておけば、と言う人もいるかもしれませんけど、そうじゃないと思いますよ。

彼がよくわからない肩書きや発明でたくさん稼いでいる(選挙に落選しまくったりとか、稼いでないとできませんよ)ということは、それを信じて成果もないのにお金を払っている人がたくさんいるということだし、もっとちゃんとした発明家に渡った方が良かったお金も失われているということだと思うんですよ。