空港でギョッとされること間違い無しのスーツケース・ステッカー

スーツケースに貼るシールには、オリジナルな外観にすることで、預けた荷物がターンテーブルで出てくる時に見つけやすくするとか、空港での泥棒に盗みにくくさせるという効果があるかと思います。

そんなシールですが、ここまでやると絶対に目立つだろう、というシールを売っているサイトがありました。

スチュワーデス・ステッカー

suitcase-stickers-1

砂糖・ステッカー

# ぜったい砂糖じゃないってこれ

suitecase-stickers-2

お札ステッカー

suitcase-stickers-3

Suitcase Stickersは$7.50 で購入できます。

「空港で良く目立ち、新しい友達を作るチャンスも増えるでしょう」が、「空港や税関の職員を心証を悪くする可能性があります。」ということです。

そういえば、以前に自動販売機で似たようなことをしているドイツの広告を紹介したことがありました

via Funny Suitcase Stickers | Cool Material

世界刑務所入所者率地図

刑務所にぶち込まれている人数の、全人口に対する割合を国ごとに調べて、高いところが濃くなるように塗ったものだそうです。

アメリカとロシアは、10万人中500人以上が入所してるんですね。200人に一人以上? その分は社会から隔絶されているわけで、まあ刑務所でも何らかの生産は行なってるんだろうけれど、無駄が多いといえば無駄なんじゃないかなあ。

率が低い国にしたって、犯罪者を捕まえるための社会システムが追いついてない国もあるのかもしれませんから、一律にどうこうは言えないのかもしれませんけど。

あと、オーストラリアが載ってないのはオーストラリアが元々刑務所(流刑の島)だから、というきついジョークがDiggで出てました。単なる加工ミスだとは思いますしオーストラリアの人が聞いたら怒るでしょうけど笑ってしまった。

via Digg