ポンパレ温泉子広告の別バージョンが出たと思ったらグルーポンジャパンだった

RSSリーダーに出てきた広告を見て、あの有名なポンパレ子の広告の新バージョンが出たのかと思いましたが、よく見たらポンパレじゃなくてライバルのグルーポンジャパンのバナーだったという…

違うモデルなのかもしれないけど、なんだか良く似てます。

[台湾 9] 台北市内の温泉、紗帽山温泉

今日も果物で遅い朝ごはんから、多少仕事をやっつけ、午後過ぎから出かけます。今日は温泉!

地下鉄の悠々カード(Easy Card)の残額が少なくなってきたので、駅で初チャージ。日本のSuicaとは違い、台に置くだけというスタイルの機器。隣には日本と同じで差し込む型のもありましたが。

台湾は日本と同じ火山の国で、温泉はふんだんに出ています。しかし、中国文化では他人の前で裸になるのは抵抗があるため、温泉文化は日本の植民地時代に持ち込まれたものだそうです。

日本での下調べでは、地下鉄だけで行ける台北北側の北投温泉と、原住民文化も見られる南側の烏來(ウーライ)温泉を検討していました。しかし、昨日ご飯を一緒に食べたときに、Finjonさんが台北から一番近い温泉はここだ、という情報をもらっていたので、まずそこを試すことにしました。なんといっても地元の人のおすすめですからね。

温泉の名前を紗帽山(さーまおしゃん)温泉といいます(台湾中国語のサイト)。通りの名前から行義路温泉とも、陽明山温泉にまとめてしまうこともあるようですが。

MRT淡水線の石牌駅で降りて、バスの508号に乗ります。実はここでバスの方向を間違えてしまい、逆方向に行ってしまいました。どこかよくわからないバス亭で降りて、反対側に渡って本来のバスに乗りました。

ちなみに、石牌駅前で正しい方角の508番に乗るバス亭は、この看板のお店の前です。覇王(翔吼拳!)

正しい方向に乗ったら、街中から10分も走らないうちに、すごい急な坂道を分け入っていきます。

行義路三、行義路四の両方のバス亭に6,7軒ずつ日帰り温泉があります。あてがなければどちらで降りてもいいでしょう。電光掲示板がないバスでも、窓から外に温泉の看板がいくつも見えてくるのでわかります。

僕達はFinjongさんからお勧めされていた「皇池」のある行義路四バス停で降りました。100mぐらい急坂を下りると駐車場があって、そこから送迎の車が出てます。歩いて行くこともできるぐらいの距離でしたが、坂は急です。車に乗り込むと建物の入り口まで連れて行ってくれます。

一定額食事をすると温泉がタダになるシステムで、入り口横には食堂が併設されています。僕らは昼ごはんがまだだったので、まず腹ごしらえをすることにしました。

メニューを解読。街中よりはちょっと高いですが、温泉がタダと思えばまあ日本よりずっと安上がり。アスパラサラダと蒸し蝦、鳥の炒め物と名物のおかゆ鍋を頼みましたが、一品余計でした。分量的にも温泉無料GET的にも。でもどれもとても美味しかったです。

ウェブでも書いてあったけど、この皇池は道の奥で一番遠いですが、食事にこだわっているそうです。たしかにうまい。お風呂の前に腹12分目ぐらいになってしまいました。

そして、食堂の支払いレシートを持って温泉のフロントに行くと、温泉無料券をくれました。

温泉の方のシステムは、大浴場か家族風呂のどちらかを選択します。乳児連れだったので残念ながら大浴場という手は無し。貸切の家族風呂なら毎回お湯を抜くので乳幼児でも迷惑はかかりません。

山ぞいに階段を上がっていった3階。扉が並んでいて、その中が個室風呂になっています。

お客が多いときは40分制限みたいですが、平日で人も少なめだったので1時間くれました。この日帰り温泉街は、土日になると台北から大勢お客が来るようなので、平日とか深夜(24時間やってるところも多いみたい)に来るのが一番よさそうです。

日本人としてはお湯を溜めて着替えも含めて40分や60分というのは短すぎると思いますが、少なくとも長風呂好きの僕はそうでしたが、これは習慣の違いでしょうがないかなとも思います。台北っ子の多くにとっては、もしかすると食事がメインで、温泉につかるというのは「ちょっと日常と変わったことをしてみる」という程度のおまけなのかもしれません。

上がったら日没してました。日本風を意識したような木造の建物は夜もいい感じです。ここが日本じゃないとは思えない。

うまい台湾料理をたらふく食べて、貸切温泉に入って二人で$800(2400円、僕達は料理を頼みすぎて3000円ぐらいになりましたけど)というのは日本では考えられない体験でした。北投温泉なんかはもっと日本人慣れしてて日本語もずっと通じやすいみたいですが、さすがにこれよりは掛かるようです。

帰りもバスで石牌まで行って、石牌駅周りも店がたくさんあるのでここで晩御飯を食べることにしましたが、お風呂前にものすごく食べたせいでまだ腹は減ってないので駅前から見えた美容院で散髪をすることにしました。

普通に東京にもありそうな内装にスタッフの店です。日本語は通じないのでヘアカタログを出してもらったら、日本の雑誌が10冊ぐらい出てきました。

適当に選んで椅子に座ると、鏡の下には液晶テレビが。台湾のテレビ放送は常時字幕が出るようなので、音は鳴らなくてもそれなりに楽しめるのかもしれません。

カットとシャンプーで250元(750円)でした。

散髪でさっぱりしたあと、駅の周りをうろうろしましたが食べたいものが見つからず、正確には意見が一致せず、排骨便党の店で弁当を買い地下鉄に乗ってアパートへ帰り、アパートで食べました。

昼の温泉での食事に比べると値段も量も控えめですが、これはこれで。骨付き肉のカツはまあ普通ですが、付け合せの野菜が美味しかった。