ハングマンならぬセップクマン(切腹マン)

千葉県八千代市の私立秀明八千代中学・高校で、英語担当の教師が、授業中に生徒が解答ミスを重ねると、人が首をつっている姿を連想させる絵を黒板に描いていたことが、複数の生徒や卒業生の証言で分かった。同校では08年に校内で生徒が首つり自殺しているが、その後も続いていたという。亡くなった生徒の両親は「こうした指導は問題だ」と憤っている。 (毎日.jp)

外国人教師が授業で使った英単語を当てるゲームHangmanが、人の首を吊るゲームだということで、生徒の自殺と絡めて過剰に反応されていますね。

これはさすがに訴えがナンセンスだと思います。けどアメリカ人やイギリス人にも「文化の違い」だけで片付けてほしくはないな。止める必要はないけど、子供に遊ばせるゲームのテーマとしては、趣味は良くないよね。違う文化では気に障る人もいるかも、という想像力ぐらいは持ってもらってもいいんじゃないかと思います。

さて、同じ発想で英単語じゃなくて日本語の単語を覚えるゲームというのがAndroidアプリにあるようです。「英語で首吊りなら、日本語はこれだ!」と考えたんでしょう。その名も「切腹マン」(Japanese Hangman)

首吊り完成の代わりに、腹を切っていくわけですね。なんという…

メニューは英語・ドイツ語・フランス語に対応し、Androidバージョン1.5以上で動作。無料でAndroid Marketからダウンロードできます。

12:34:56 07/08/09

Diggで、時計が「12:34:56 07/08/09」になった瞬間を取ったぜ! という写真が話題になっていました。(実際に写真を見ると、年は表示されて無いので9は無いですけど)


アプリケーションの国際化作業とかをしたことのある人は知ってるかと思いますが、年月日の表記は世界の地域ごとに違います。昨日が 07/08/09 になるのは、月/日/年 と書くアメリカの習慣です。

だから、日/月/年 と書くヨーロッパでは、来月8月7日にこの「12:34:56 07/08/09」が来るということになります。

南米とかアフリカ、オセアニアや中東あたりは、どれもヨーロッパと同じようで、つまりアメリカだけ独自の方式ということです。このあたりはメートル法と似たような状況になっているのかと。

まあ、こういうのは自分の会うまわりの人がみんな統一されていれば問題はないわけですけどね。

悲惨なのがカナダで、ヨーロッパ(イギリスと、ケベックはフランス)の影響を受けつつも実際には地続きのアメリカの影響も大きく、両者が混在している地域や状況も多いそうです。そうなると、07/08 のようにどちらにも取れる日付の場合は、書いた人がどっちのつもりで書いたのかを確認する手間が出てしまいます。

日本式だと 2007/08/09 で、この歴史的(?)な瞬間はもう2年前に済んでることになります。中国や韓国もこの順序のようです。ですが、そもそも日本のデジタル時計なら、

2007/08/09 12:34:56

と日付を先に書くと思うので、この話はもとより縁がない話でしたね。

4chan.orgがTime Magazineに盛大な田代砲を発射

タイム・マガジンの投票企画に組織票をしかけて意表をついた人を一位にランクさせる、というと昔どっかで聞いたような話ですが、2chan.net(ふたばちゃんねる)大好きな管理人(*1)が2003年から運営する英語の2chan.net的な掲示板4chan.orgのユーザーが集まって、やらかしたようです。

これがそのオンライン投票企画のある時点でのランキング。世界で最も影響力のある人を選ぶ投票らしいのですけど、トップはオバマ大統領とかビル・ゲイツではなくmootという人物。

time-hack

このmootは、4chanの生みの親、Christopher Pooleさんの通称だそうです。

一位だけじゃなく、ランキングを縦読みすると、”Marblecake also the game”(マーブルケーキもまたゲームだ)というメッセージにもなっています。なお、普通の英語の掲示板では、縦読みはほとんど見かけません。(どんだけ日本の匿名掲示板文化をリスペクトしてるんだ)

Mooter砲はDelphiで作られたツールのようで、解説がこっちにあります。

しかし、何年経ってもいい加減な投票システムを直そうとしないTime Magazineはどうなんでしょうね。

via The Inquisitr

(*1) mootが好きで真似たのはふたばちゃんねる(2ちゃんねる風+画像の匿名掲示板)。Time Magazineの投票でトップを狙ったのは2ちゃんねる。だと思う。根は日本の匿名掲示板文化で同じだと思うけど。

9000以上だとーーー!

英語版ドラゴンボール(アニメ)で、「スカウターで測定したら9000超でびっくり(日本オリジナル版は8000超らしい)」のシーンがなぜかウケタんですよね。いろんなパロディが存在します。一時期の”All the base…”みたいなもんでしょうか。

ゲームも忠実に再現。字幕もついててこりゃうれしい。

映画300「スリーハンドレッド」もよくいじられますけど、その二つのかけあわせとか

関連動画のところとかも、すごいことに。

なんかのときに「いっつ おーばー ないんさうざーーーーーーーーーーーんど!」と話すと海外でうけることができるかもしれません。

ある外国人の見た日本人の印象トップ10

via Japundit

毎日トップ10を書くというブログをやってるカナダ人(日本に7年以上住んでた)が作った、日本人の印象トップ10というのがありました。

  • 10. 日本人は地球上で最もクールで親切でホスピタリティ溢れる人々だ
  • 9. 日本人はそれぞれが小さな輪の中に生きていて、その世界の外のことはほとんど気にしていない
  • 8. 日本人は驚くほどの自己犠牲を持つ働き者だ
  • 7. 日本人はとても良く働く、が賢いというわけではない
  • 6. 日本女性はホットだ
  • 5. 彼らはものすごく内気なのかとんでもなく人種差別主義者なだけなのか、自分には区別がつかない
  • 4. 北米と比べれば、太った日本人というのは存在しない
  • 3. 神は彼らに日本食以外のものを食べるのを禁じたに違いない!
  • 2. 日本人にとっては、見た目がすべてである
  • 1. 日本人は箱から外に出て発想することはできない

まあそういう感想を持つようなこともあるでしょうね。項目によっては僕も同感するもの。