話題のハンディカムのウェブサイトを見て、

ブログパーツありました。インタラクティブなしかけだけど、これでもまあ感じはわかるかなと。


こういうキャンペーンで、なんか一部のブロガーの間でえらい盛り上がってるみたいですね。

ネットのマーケター/マーケターワナビーみたいな人の「くやしさ爆発」感(こんなの卑怯だ、とか、おれだって予算いっぱいあれば、とか)を誘引してしまったのかなとも思ったりするのですが。

そんな話を横目に、僕はラブやんのアレを思い出してました。カズフサが隣家の幼馴染を自分の妄想の中でぐいぐい育てるやつ。

# 1巻の話(第2話)だった。

[am]4063144658[/am]

とゆークダラナイ感想を読んでハンディカムのサイトに訪れると、また違った感想がでるかも。