[台湾 8] 天母SOGO, Finjong KianさんとBob Chaoさん, 士林夜市

起きても体が動かない。疲労がピークに達してる感じです。仕事も観光も、といいつつ観光で歩きすぎたようです。ベビーカーも無しに。昨晩ベビーカーを借りましたが、今日はもう出かける気がしません。

買い置きのお菓子を食べつつ洗濯などしてまったりと過ごします。1時ぐらいに近所で気になっていた軽食屋へ。店内に入ってから気づいたのですが、営業時間5:00-13:00と書いてあり、完全に朝型のお店です。

お店の掃除が始まっていたので申し訳なかったのですが、注文は聞いてくれるようだったし他のお客も来て頼んでいたので、ここで昼食をとることにしました。

メニューの漢字がだいぶ読めるようになってきました。蛋餅と、これもずっと食べてみたいと思っていた、大根餅「蘿葡糕」です。(真ん中の字はちょっと違うかも)。紅茶もついて$50

アパートに戻って、午後もパソコンに向かって仕事。今日は夜に会食の約束があるので、昼は体を使わずに備えます。

夜。地下鉄で芝山駅へ向かいます。

Finjong Kiangさんは、9月のPHPカンファレンス2009東京に海外ゲストスピーカーとして来ていただいた時にお会いし、symfonyのメイン開発者であるFabien Potencierさんらと一緒に東京観光に行きました。

Bob Chaoさんは、Asiajinの著者の一人であるMichoさんの紹介で今回初めてお会いしました。日本には5回行ったことがあり、日本語も勉強中ということ。台湾でのMozzilaコミュニティで活動されている方です。台湾でのFirefoxキャラクターFoxmosaのシールをいただきました。

駅から5分ぐらい歩いて太平洋SOGO 天母店に。日本のSOGOとの関係は名称のライセンスだけだそうですが、新光三越といい、日本と関係のあるデパートが台北には多いですね。

8Fのレストラン街にある中から、台湾小吃のお店で豚足チャーハンや酸っぱい白菜の鍋、緑豆から作ったゼリー上の小吃などを食べながら、それぞれの仕事や日本と台湾のウェブやコミュニティ活動などについてお話をしました。

食後におむつ替えが必要になりましたが、ここの4Fにある授乳室は今まで見た中で一番広くて奇麗でした。新宿の伊勢丹よりいいかも。

地下のスターバックスでお茶したあと、

地下鉄で一駅南下し、士林駅へ。台北の夜市の中でも一番有名な士林夜市を歩きます。

Bobさんは士林の夜市の中に住んでいるそうなので、ご飯や買い物、散髪などなんでも士林夜市ということ。

士林駅側は、衣服やアクセサリーなどの店や屋台が多く、一つ南の劍潭(Jiantan)駅のあたりの食べ物が多い通りまで、二つの駅の間がずっと夜市という規模です。上野と御徒町の間のアメ横にさらに道いっぱいの屋台を置いたような。

狭くて混んでいる道に、トランクを持った一団がやってきて通りの真ん中にもう一列、強引に屋台を展開します。一団の中にはトランシーバーを持っている女の子が居て、トランシーバーから何かが聞こえたと思ったら、開いたままのトランクを台車ごと押してみんな逃げて行きました。許可のないゲリラ販売は禁止で、トランシーバーはその手入れを伝えるものだったそうです。なんという活力!

ヨン様もクリスマス

木村拓哉DVD事務所って… 日本のドラマや映画のDVDもいっぱい並んでます。高いのと安いのがあって、高いのは正規版ということなので、安い方は…

「東京着衣」という服屋。「日本」「東京」は台湾ではとにかくクールなイメージがあるようですね。東京に英語やフランス語の名前(マンション名とか)が多数散りばめられているのと同じような感じで、日本の地名やカタカナ、日本のキャラクターなどがそこかしこにあります。

士林夜市にはユニクロまでありました! 中まで見てませんが、日本から独自に輸入したユニクロの服を売ってるらしいです。来年には正規のユニクロも出店するということです。