同じ名前の空港、同じ名前の空港間でのフライト

「松山-松山」のチャーター便のニュースが話題になっていました。

松山市と台北市にある同名の「松山空港」を結ぶ中華航空のチャーター便が11日就航し、台北の空港に到着した中村時広・愛媛県知事らを●(赤におおざと)龍斌台北市長らが歓迎式典で出迎えた。両空港は英語表記は異なるが漢字は同じ。発着地が同名の便の就航は世界初という。

「松山―松山」便が就航 日台、発着地同名は世界初  :日本経済新聞

台湾のサイトの英語ページでも同じニュースを解説していました。発音は「マツヤマ」と「ソンシャン」ですが、漢字は同じでその意味は”pine mountain”である、と。

世界にある、同じ名前の空港

同じ名前の空港同士で飛行機が飛ぶのは初めて、という風にニュースにありますが、同じ名前の空港自体があるかないかを調べてみました。こちらのサイトによれば、以下のような同名、あるいは似た名前の空港が存在するようです。カッコ内は存在する国と空港コードです。

バルセロナ

Barcelona(スペイン, BCN)
Barcelona(ベネズエラ, BLA)

ケンブリッジ

Cambridge Bay(カナダ, YCB)
Cambrigde(イギリス, CBG)

コルドバ

Cordoba(アルゼンチン, COR)
Cordoba(スペイン, ODB)

フローレンス(フィレンツェ)

Florence (Firenze) – Peretola Airport(イタリア, FLR)
Florence(イギリス, FLO)

フォートスミス

Fort Smith(カナダ, YSM)
Fort Smith(アメリカ, FSM)

グラスゴー

Glasgow(イギリス, PIK)
Glasgow(イギリス, GLA)
Glasgow(アメリカ, GGW)

ハイデラバード

Hyderabad(インド, HYD)
Hyderabad(パキスタン, HDD)

マンチェスター

Manchester(イギリス, MAN)
Manchester(アメリカ, MHT)

ニューカッスル

Newcastle(イギリス, NCL)
Newcastle(ミナミアフリカ, NCS)

ポートランド

Portland(オーストラリア, PTJ)
Portland(アメリカ, PWM)
Portland International(アメリカ, PDX)

サリナス

Salinas(アメリカ, SNS)
Salinas(エクアドル, in Ecuador with airport code SNC)

サン・ホセ

San Jose(メキシコ, SJD)
San Jose(コスタリカ, SJO)
San Jose(アメリカ, SJC)

サン・サルバドル

San Salvador(バハマ, ZSA)
San Salvador(エルサルバドル, SAL)

サンタ・マリア

Santa Maria(ポルトガル, SMA)
Santa Maria(アメリカ, SMX)

サンタ・ロザ

Santa Rosa(アメリカ, STS)
Santa Rosa(ボリビア, SRB)
Santa Rosa(ブラジル, SRA)
Santa Rosa(アルゼンチン, RSA)
Santa Rosa(ホンジュラス, SDH)

サンタ・ロザリア

Santa Rosalia(コロンビア, SSL)
Santa Rosalia(メキシコ, SRL)

同じ名前の空港は、上のようにそれなりにはありますね。

両方が大きな空港じゃないと、国際線で直接飛ぶようなことはないですし、これらの同名空港の間にでは飛行機が飛んだことはなかった、ということなんでしょうかね。

[台湾 9] 台北市内の温泉、紗帽山温泉

今日も果物で遅い朝ごはんから、多少仕事をやっつけ、午後過ぎから出かけます。今日は温泉!

地下鉄の悠々カード(Easy Card)の残額が少なくなってきたので、駅で初チャージ。日本のSuicaとは違い、台に置くだけというスタイルの機器。隣には日本と同じで差し込む型のもありましたが。

台湾は日本と同じ火山の国で、温泉はふんだんに出ています。しかし、中国文化では他人の前で裸になるのは抵抗があるため、温泉文化は日本の植民地時代に持ち込まれたものだそうです。

日本での下調べでは、地下鉄だけで行ける台北北側の北投温泉と、原住民文化も見られる南側の烏來(ウーライ)温泉を検討していました。しかし、昨日ご飯を一緒に食べたときに、Finjonさんが台北から一番近い温泉はここだ、という情報をもらっていたので、まずそこを試すことにしました。なんといっても地元の人のおすすめですからね。

温泉の名前を紗帽山(さーまおしゃん)温泉といいます(台湾中国語のサイト)。通りの名前から行義路温泉とも、陽明山温泉にまとめてしまうこともあるようですが。

MRT淡水線の石牌駅で降りて、バスの508号に乗ります。実はここでバスの方向を間違えてしまい、逆方向に行ってしまいました。どこかよくわからないバス亭で降りて、反対側に渡って本来のバスに乗りました。

ちなみに、石牌駅前で正しい方角の508番に乗るバス亭は、この看板のお店の前です。覇王(翔吼拳!)

正しい方向に乗ったら、街中から10分も走らないうちに、すごい急な坂道を分け入っていきます。

行義路三、行義路四の両方のバス亭に6,7軒ずつ日帰り温泉があります。あてがなければどちらで降りてもいいでしょう。電光掲示板がないバスでも、窓から外に温泉の看板がいくつも見えてくるのでわかります。

僕達はFinjongさんからお勧めされていた「皇池」のある行義路四バス停で降りました。100mぐらい急坂を下りると駐車場があって、そこから送迎の車が出てます。歩いて行くこともできるぐらいの距離でしたが、坂は急です。車に乗り込むと建物の入り口まで連れて行ってくれます。

一定額食事をすると温泉がタダになるシステムで、入り口横には食堂が併設されています。僕らは昼ごはんがまだだったので、まず腹ごしらえをすることにしました。

メニューを解読。街中よりはちょっと高いですが、温泉がタダと思えばまあ日本よりずっと安上がり。アスパラサラダと蒸し蝦、鳥の炒め物と名物のおかゆ鍋を頼みましたが、一品余計でした。分量的にも温泉無料GET的にも。でもどれもとても美味しかったです。

ウェブでも書いてあったけど、この皇池は道の奥で一番遠いですが、食事にこだわっているそうです。たしかにうまい。お風呂の前に腹12分目ぐらいになってしまいました。

そして、食堂の支払いレシートを持って温泉のフロントに行くと、温泉無料券をくれました。

温泉の方のシステムは、大浴場か家族風呂のどちらかを選択します。乳児連れだったので残念ながら大浴場という手は無し。貸切の家族風呂なら毎回お湯を抜くので乳幼児でも迷惑はかかりません。

山ぞいに階段を上がっていった3階。扉が並んでいて、その中が個室風呂になっています。

お客が多いときは40分制限みたいですが、平日で人も少なめだったので1時間くれました。この日帰り温泉街は、土日になると台北から大勢お客が来るようなので、平日とか深夜(24時間やってるところも多いみたい)に来るのが一番よさそうです。

日本人としてはお湯を溜めて着替えも含めて40分や60分というのは短すぎると思いますが、少なくとも長風呂好きの僕はそうでしたが、これは習慣の違いでしょうがないかなとも思います。台北っ子の多くにとっては、もしかすると食事がメインで、温泉につかるというのは「ちょっと日常と変わったことをしてみる」という程度のおまけなのかもしれません。

上がったら日没してました。日本風を意識したような木造の建物は夜もいい感じです。ここが日本じゃないとは思えない。

うまい台湾料理をたらふく食べて、貸切温泉に入って二人で$800(2400円、僕達は料理を頼みすぎて3000円ぐらいになりましたけど)というのは日本では考えられない体験でした。北投温泉なんかはもっと日本人慣れしてて日本語もずっと通じやすいみたいですが、さすがにこれよりは掛かるようです。

帰りもバスで石牌まで行って、石牌駅周りも店がたくさんあるのでここで晩御飯を食べることにしましたが、お風呂前にものすごく食べたせいでまだ腹は減ってないので駅前から見えた美容院で散髪をすることにしました。

普通に東京にもありそうな内装にスタッフの店です。日本語は通じないのでヘアカタログを出してもらったら、日本の雑誌が10冊ぐらい出てきました。

適当に選んで椅子に座ると、鏡の下には液晶テレビが。台湾のテレビ放送は常時字幕が出るようなので、音は鳴らなくてもそれなりに楽しめるのかもしれません。

カットとシャンプーで250元(750円)でした。

散髪でさっぱりしたあと、駅の周りをうろうろしましたが食べたいものが見つからず、正確には意見が一致せず、排骨便党の店で弁当を買い地下鉄に乗ってアパートへ帰り、アパートで食べました。

昼の温泉での食事に比べると値段も量も控えめですが、これはこれで。骨付き肉のカツはまあ普通ですが、付け合せの野菜が美味しかった。

[台湾 8] 天母SOGO, Finjong KianさんとBob Chaoさん, 士林夜市

起きても体が動かない。疲労がピークに達してる感じです。仕事も観光も、といいつつ観光で歩きすぎたようです。ベビーカーも無しに。昨晩ベビーカーを借りましたが、今日はもう出かける気がしません。

買い置きのお菓子を食べつつ洗濯などしてまったりと過ごします。1時ぐらいに近所で気になっていた軽食屋へ。店内に入ってから気づいたのですが、営業時間5:00-13:00と書いてあり、完全に朝型のお店です。

お店の掃除が始まっていたので申し訳なかったのですが、注文は聞いてくれるようだったし他のお客も来て頼んでいたので、ここで昼食をとることにしました。

メニューの漢字がだいぶ読めるようになってきました。蛋餅と、これもずっと食べてみたいと思っていた、大根餅「蘿葡糕」です。(真ん中の字はちょっと違うかも)。紅茶もついて$50

アパートに戻って、午後もパソコンに向かって仕事。今日は夜に会食の約束があるので、昼は体を使わずに備えます。

夜。地下鉄で芝山駅へ向かいます。

Finjong Kiangさんは、9月のPHPカンファレンス2009東京に海外ゲストスピーカーとして来ていただいた時にお会いし、symfonyのメイン開発者であるFabien Potencierさんらと一緒に東京観光に行きました。

Bob Chaoさんは、Asiajinの著者の一人であるMichoさんの紹介で今回初めてお会いしました。日本には5回行ったことがあり、日本語も勉強中ということ。台湾でのMozzilaコミュニティで活動されている方です。台湾でのFirefoxキャラクターFoxmosaのシールをいただきました。

駅から5分ぐらい歩いて太平洋SOGO 天母店に。日本のSOGOとの関係は名称のライセンスだけだそうですが、新光三越といい、日本と関係のあるデパートが台北には多いですね。

8Fのレストラン街にある中から、台湾小吃のお店で豚足チャーハンや酸っぱい白菜の鍋、緑豆から作ったゼリー上の小吃などを食べながら、それぞれの仕事や日本と台湾のウェブやコミュニティ活動などについてお話をしました。

食後におむつ替えが必要になりましたが、ここの4Fにある授乳室は今まで見た中で一番広くて奇麗でした。新宿の伊勢丹よりいいかも。

地下のスターバックスでお茶したあと、

地下鉄で一駅南下し、士林駅へ。台北の夜市の中でも一番有名な士林夜市を歩きます。

Bobさんは士林の夜市の中に住んでいるそうなので、ご飯や買い物、散髪などなんでも士林夜市ということ。

士林駅側は、衣服やアクセサリーなどの店や屋台が多く、一つ南の劍潭(Jiantan)駅のあたりの食べ物が多い通りまで、二つの駅の間がずっと夜市という規模です。上野と御徒町の間のアメ横にさらに道いっぱいの屋台を置いたような。

狭くて混んでいる道に、トランクを持った一団がやってきて通りの真ん中にもう一列、強引に屋台を展開します。一団の中にはトランシーバーを持っている女の子が居て、トランシーバーから何かが聞こえたと思ったら、開いたままのトランクを台車ごと押してみんな逃げて行きました。許可のないゲリラ販売は禁止で、トランシーバーはその手入れを伝えるものだったそうです。なんという活力!

ヨン様もクリスマス

木村拓哉DVD事務所って… 日本のドラマや映画のDVDもいっぱい並んでます。高いのと安いのがあって、高いのは正規版ということなので、安い方は…

「東京着衣」という服屋。「日本」「東京」は台湾ではとにかくクールなイメージがあるようですね。東京に英語やフランス語の名前(マンション名とか)が多数散りばめられているのと同じような感じで、日本の地名やカタカナ、日本のキャラクターなどがそこかしこにあります。

士林夜市にはユニクロまでありました! 中まで見てませんが、日本から独自に輸入したユニクロの服を売ってるらしいです。来年には正規のユニクロも出店するということです。

[台湾] 台北101ビル新年の花火

見て来ました。台北市の東側にある、あと3日間は世界で一番高いビル「台北101」で今年も行われた、新暦の新年を祝う花火です。

7時から、友人の友人宅でお茶パーティーに参加していたのですが、11:10頃にそこを辞して、地下鉄で近くまで向かいます。

複数の台北っ子から、「良い場所で見るには夕方ぐらいから行って場所取りしないといけない」「帰りは地下鉄に乗るだけで数時間かかる」「周辺ではタクシーもまったくつかまらないよ」など恐ろしい話を聞いていたので、あまり無理をせずに適度にビルの方へ寄る、という方針で行きます。

地下鉄は混んではいるけど、山手線や田園都市線の朝を思えばたいしたことはありません。国父記念館で下車。

送信者 Taipei101 Fireworks

広くて見晴らしのよい国父記念館の広場を考えていたのですが、地下鉄から上がって100メートルぐらいの路上で人の流れが完全にストップ。ビルのわきからかろうじて台北101が見えるかどうかという場所に落ち着きました。車道もすべて人があふれていて、車道の人々の間にはかわいそうなバスや自家用車が、まったく動けない状態のまま止まっています。

送信者 Taipei101 Fireworks

日付の変わる前に、ビルとは違う方角でちょっとした花火がいくつか上がり、まわりもザワザワと盛り上がってきます。ビル自体の花火は00:00ちょうどに始まりました。

どう見てもビル火災で燃えてるようにしか見えません。

高層ビルと言えば、中も全部電気コンロや電気湯沸かしでガス禁止にしたりと、火の扱いにうるさいのが普通なのですが、ビルじゅうの外壁から花火を打ち上げるってのは発想がすごいですね。今年で4回目か5回目だそうですけれど、名物になってきてるのはわかります。先日台北の勉強会でスピーカーをされたPlurkのエンジニアAmirさんも、今回の旅行の目的は「台北101の花火を見ること」と言われてたので、どこかで見てることでしょう。

こちらはチリコンサルティングのChristineさんに教えてもらった、もっと良い場所からちゃんと撮った動画

「もう終わったのかな? まだあるのかな?」という感じですが、もう前の方からぞろぞろと人が戻りだそうとします。みんな素早く帰らないと遅くなることがわかっているのです。この切り替えの速さ。余韻を感じてる暇はないですね。

送信者 Taipei101 Fireworks

地下鉄は、地上の入り口、改札の外、改札中のエスカレーター、そして到着時の電車の入り口のそれぞれに警官や職員が多数配置されて、人が押し寄せないようにコントロールされていました。待たされている人もみんな落ち着いていて、一緒に来た家族や友人と話しながらマナー良く待っています。また、一度、子供を抱っこしていることで係員に呼ばれて、先にゲートを通してもらいました。長丁場になっても大丈夫なように準備はしてきましたし、子供も元気ではありましたが、とてもありがたかったです(台北では地下鉄でも常に席を譲ろうとされます)

送信者 Taipei101 Fireworks
送信者 Taipei101 Fireworks

そんなわけで、帰りの地下鉄も問題なく帰れました。台北車站での乗り換えもOK。1時には自分の駅に戻ってくることができました。

小腹が減ったので、駅前で一軒だけ空いてた屋台で、豚?の大腸に蒸した餅米を詰めたソーセージをあぶったものを購入($30)してアパートに戻りました。

[台湾4] 陳さん、盛園の小籠包、中正記念堂と二二八和平公園、大腸臭臭鍋

全部外食は楽だけど、朝ご飯のために顔洗って着替えて子供のミルク用意して3人で駅前まで行くのはたいへんなので、今日は一人で行って買ってきました。

今日は昨日行った店の並びとは違う方向の道にある小厨房という店を試します。鉄板で焼いてる卵を指して二本指を立てたら、メニューを出されて具を選べと言われました。

パンに焼いた卵と肉・魚を挟んだもので、「漢堡類」と言うようです。燻雞(チキン)$45と鮮蝦(エビのすり身?)$45を注文。バンズと食パンとどちらかを選べと言われ、バンズに。ドリンクはゴマ飲料の芝麻糊$20。アパートに持ち帰って食べました。

美味。食べた後調べたら漢堡類=ハンバーガーということでした。具が中華風だけど言われてみればハンバーガーだ。

午前中は仕事。

昼、アパートまで友人の陳さんが来てくれた。陳さんは僕の学生時代に、留学生として日本に来ていたことから知り合った人で、僕にとっては初めて友達になった外国人の一人です。ずっと前から「台湾に遊びに行くから」と言っていたのですが、延び延びになっていました。ちなみにもう一人学校に来ていたタイの留学生の方には、卒業旅行でバンコクまで会いに行ったのですが。

日本からのおみやげを、二人の娘さん達の分も渡します。陳さんには地元のケーキや梨をいただきました。

陳さんは台北市ではなく郊外の台北県に住んでいて、あまり市内の中心部には来られないということですが、お友達から推薦されたという小籠包のお店「盛園」に連れてきてもらいました。MRT淡水線の中正記念堂駅の近くにあります。

送信者 Taiwan 12-20
送信者 Taiwan 12-20

小籠包、瓜の入った小籠包、クコの実エビ蒸し、油揚げのスープ、蒸しキャベツ、芋とタピオカの入ったデザートなどをいただきました。おいしかった。

送信者 Taiwan 12-20

食後は、近くの中正記念堂へ。途中通った有名らしい私立高校では、通り向けに有名大学の合格者が名前入りで掲示されています。学校の宣伝でしょうけど、日本ではこういうのは今やらないですよね。

送信者 Taiwan 12-20

「中正」は、台湾の総統だった蒋介石の別名ですね。大陸から逃げてきて何十年も戒厳令を敷いたこの人には、台湾の中でも人によってどう思うかが分かれているようです。一旦は「自由広場」という名前に改名されたものの、政権が交代してまた中正記念堂に戻ったとか。(正門には「自由広場」の名前が残っています。

送信者 Taiwan 12-20

ちょうど3時の衛兵交代の儀式が近かったので、儀式を待つことに。3時が近づくにつれて、観光客が増えていきます。

立っている衛兵は、人形のように全く動きません。

送信者 Taiwan 12-20

ほんとうに生きているのかと思うぐらいですが、時間になると入口から交代の衛兵と引率の隊長(?)が表れて、銃をクルクルと回したりといった踊りのような儀式をしました。

送信者 Taiwan 12-20

同じ広場の中にある、中国風の赤と金の大きな大きな二つの建物、片方の国家戯劇院に、バレエ「くるみ割り人形」の公演の大きなポスターがかかっていました。

送信者 Taiwan 12-20

連れは毎年クリスマスシーズンにはくるみ割り人形を見るということですが、今年は台湾に来ているので諦めていました。しかし、ここで観られるのなら僕が子守りしてるよ、ということで観劇を勧め、陳さんにも手伝ってもらって1Fのチケット売り場で日曜日の昼の回の予約を入れました。一番いい方から二つ目の席が$1600(4400円)と、東京で観るのに比べると断然安いそうです。

送信者 Taiwan 12-20

その後、道を歩きながら昔の台北の城壁だった東門を見ます。

送信者 Taiwan 12-20

東門の近くのとても立派なビルは、以前は国民党の本部だったそうですが、売却されて今は民間企業が入っているとのこと。

送信者 Taiwan 12-20

総統府を遠くに見ながら、二二八和平公園に。

送信者 Taiwan 12-20

この公園の名前が示す二二八事件については、台湾のガイドブックにも出てくるし、台湾の歴史の何冊か読みました。たいへん重い事件だし、まだ多くの関係者が存命している時代のことでもあります。民衆がラジオ局を占拠した地点が、この公園の中にあるのです。

公園の中にある国立台湾博物館に入ります。外観も中もとても美しい建物。

送信者 Taiwan 12-20

台北駅近くの喫茶店に入ります。1949年創業と書いてある。カフェラテとケーキで$200(550円)。台湾としてはちょっと高い。調度も高そうな高級店でした。

送信者 Taiwan 12-20

しかし、なぜか座った後に子供のお腹の活動が突然活発になり、おむつを2度換える羽目に。陳さんがいたから通訳してもらって使ってなかった3Fに案内してもらいオムツ交換できたけど、言葉が通じなかったらもっと大変だったろうなと思います。

台北站で陳さんと別れ、地下鉄でアパートに戻ります。夜6時。歩きづめだったせいかそのまま寝てしまいました。

夜9時過ぎにお腹が減って目が覚める。歩いて大龍街夜市へ。斜めの道を通って孔子宮の前に出て、そこから夜市を南へ歩いていきます。路上に出た屋台と、普通の店舗の両方が営業していて二重になっています。でも車も通るので屋台を見てると怖いことも。ここはローカルな夜市のようで、あまり観光客はいないっぽいです。

送信者 Taiwan 12-20

メロン$55(150円)。台湾はフルーツの国ですね。

送信者 Taiwan 12-20

今日は汁物が食べたいねと探していると、鍋のお店があったのでそこにすることに。例によって中国語でまくしたてられたので、言葉ワカリマセーン的なジェスチャーをして、メニューから良さげな感じのアイテムを指差します。

送信者 Taiwan 12-20

僕は「とりあえず知らないものがメニューにあれば頼む」といういつものパターンで、「大腸臭臭鍋」という名前からしてすごいやつを指しました。鍋係の兄ちゃんが英語で「おまえはそれが何か知ってるのか?」と心配してくれたので、「まあ、試してみるよ」と答え店内へ。

店内は机と椅子が低いタイプ。椅子を4つとコートを使って子供置き場を作成。これはヒットで、子供を置いて二人同時に食べることができました。

やって来た大腸臭臭鍋はこれ。見た目は普通の鍋ですね。しかし湯気からもすごい臭いが。肝心の臭い豆腐やモツは下の方に沈んでいます。

送信者 Taiwan 12-20

臭い豆腐は、噛んでもなんだか妙な味。まあ食べたんですが。

送信者 Taiwan 12-20

ちなみに連れはこの臭い豆腐の臭いがたいへん苦手なようで、道で嗅いだ瞬間に通りの反対側に行ってしまいます。連れはキムチ鍋を頼みました。中に、米を何かの血で固めたおかずが一個入っていて、食べられないというのでもらいました。これもまあ、独特の味かな。

送信者 Taiwan 12-20

時々見たこともないものが入ってますが、他は日本とそうかわらないですよ。白菜とかシジミとか豚肉とかカマボコとか。

お店の名前が「三媽臭臭鍋」、と臭いを前面に押し出しています。

送信者 Taiwan 12-20