書評: 馬雲のアリババと中国の知恵

中国市場でeBayと戦っているネットコマースの大企業アリババの歴史や企業文化を、創業者の馬雲(ジャック・マー)さんを中心に書いた本です。

[am]4822246450[/am]

中国の大手サイトの経営者たちの多くが、武侠小説を読み込んでいたり、武侠小説の大家金庸さんをゲストに呼ぶといったらフォーラムに参加したり、という話が面白いです。大きく成長している中国のネット市場で割拠する群雄の多くが、武侠小説のファンだったりするところが。ま、中国語圏では金庸さんの小説を誰もが読んでいるらしいので、CEO達も読んでいるということかもしれませんけど。

[am]4198605459[/am]

馬雲という人物は、能弁で思慮深く、おそらく人間的魅力にも溢れているのだろうと思いますが、著者はそこのところはそれほど踏み込めていないようです。馬雲本人とはそれほど話していないのかもしれません。また、アリババという会社は堅実経営のようなのに、著者が少し盛り上がりすぎているのもちょっと気になったところ。

自国に対する思いいれが強く出てしまっているところも散見されますが、国が急速に伸びているときの中の人はこんなものなんだろうなあ、という気もしますし、そのあたりは日本の高度成長期のイケイケ感(知らないけど)と似てるのかもしれませんね。

全体としては、中国ネット会の主要人物やサービスについても知ることができて、読んだ価値はあったかと思いました。