同じ名前の空港、同じ名前の空港間でのフライト

「松山-松山」のチャーター便のニュースが話題になっていました。

松山市と台北市にある同名の「松山空港」を結ぶ中華航空のチャーター便が11日就航し、台北の空港に到着した中村時広・愛媛県知事らを●(赤におおざと)龍斌台北市長らが歓迎式典で出迎えた。両空港は英語表記は異なるが漢字は同じ。発着地が同名の便の就航は世界初という。

「松山―松山」便が就航 日台、発着地同名は世界初  :日本経済新聞

台湾のサイトの英語ページでも同じニュースを解説していました。発音は「マツヤマ」と「ソンシャン」ですが、漢字は同じでその意味は”pine mountain”である、と。

世界にある、同じ名前の空港

同じ名前の空港同士で飛行機が飛ぶのは初めて、という風にニュースにありますが、同じ名前の空港自体があるかないかを調べてみました。こちらのサイトによれば、以下のような同名、あるいは似た名前の空港が存在するようです。カッコ内は存在する国と空港コードです。

バルセロナ

Barcelona(スペイン, BCN)
Barcelona(ベネズエラ, BLA)

ケンブリッジ

Cambridge Bay(カナダ, YCB)
Cambrigde(イギリス, CBG)

コルドバ

Cordoba(アルゼンチン, COR)
Cordoba(スペイン, ODB)

フローレンス(フィレンツェ)

Florence (Firenze) – Peretola Airport(イタリア, FLR)
Florence(イギリス, FLO)

フォートスミス

Fort Smith(カナダ, YSM)
Fort Smith(アメリカ, FSM)

グラスゴー

Glasgow(イギリス, PIK)
Glasgow(イギリス, GLA)
Glasgow(アメリカ, GGW)

ハイデラバード

Hyderabad(インド, HYD)
Hyderabad(パキスタン, HDD)

マンチェスター

Manchester(イギリス, MAN)
Manchester(アメリカ, MHT)

ニューカッスル

Newcastle(イギリス, NCL)
Newcastle(ミナミアフリカ, NCS)

ポートランド

Portland(オーストラリア, PTJ)
Portland(アメリカ, PWM)
Portland International(アメリカ, PDX)

サリナス

Salinas(アメリカ, SNS)
Salinas(エクアドル, in Ecuador with airport code SNC)

サン・ホセ

San Jose(メキシコ, SJD)
San Jose(コスタリカ, SJO)
San Jose(アメリカ, SJC)

サン・サルバドル

San Salvador(バハマ, ZSA)
San Salvador(エルサルバドル, SAL)

サンタ・マリア

Santa Maria(ポルトガル, SMA)
Santa Maria(アメリカ, SMX)

サンタ・ロザ

Santa Rosa(アメリカ, STS)
Santa Rosa(ボリビア, SRB)
Santa Rosa(ブラジル, SRA)
Santa Rosa(アルゼンチン, RSA)
Santa Rosa(ホンジュラス, SDH)

サンタ・ロザリア

Santa Rosalia(コロンビア, SSL)
Santa Rosalia(メキシコ, SRL)

同じ名前の空港は、上のようにそれなりにはありますね。

両方が大きな空港じゃないと、国際線で直接飛ぶようなことはないですし、これらの同名空港の間にでは飛行機が飛んだことはなかった、ということなんでしょうかね。

国旗ピザ – 日本といえばやっぱりスシ?

料理ブログTiny Urban Kitchenで、世界のいろんな国の国旗の形をしたピザを作っています。

その中の日本ピザは、これ

Japan Flag Pizza

ライスにマグロの刺身! マグロの裏には見えないけれどちゃんとワサビが効かせてあるそうです。

オリジナル記事はとても長い力作で、もっと多くの国旗ピザの写真や、制作過程の写真も載っています。その国旗をこの食材で作った理由とか、夫婦でその国を訪問したときの話とかが綴られていていい感じです。台湾系アメリカ人らしい著者のJenさんは、日本の大学に居たこともあるようですね。

via Neatorama

8bitcity – ドラクエ風世界各国の都市。こいつ、動くぞ!

ちゃんとGoogle Mapsみたいに動いたり、拡大縮小したりしますよ。

1980年代RPGのように現実の都市の地図を描き直す、という遊びを真剣に突き詰めてニューヨーク版を作った作者が、広く協力者を募った結果、サンフランシスコ、ワシントンD.C.、ロンドン、パリ、ベルリン、アムステルダム、オースティン、デトロイトがすでに完成し、シアトルが作成中なんだそうです。

次に作ることを計画している都市は、アメリカからロサンゼルス、ボストン、シカゴ、ニューオリンズ、ポートランド、オークランド、ボルダー、オクラホマシティ、ヨーロッパからローマ、コペンハーゲン、バルセロナ、ナイメーヘン、アジアから京都、上海、シンガポールだということです。

via Mashable

写真についた位置情報から、東京や京都を含む世界の都市の「観光地」を可視化した地図

なんとなく東京だとわかると思いますが、この地図は何でしょう?

Locals and Tourists #5 (GTWA #20): Tokyo

Eric Fischerさんが写真共有サービスFlickrにアップロードされた写真につけられた位置情報(ジオタグ)の大量の情報を分析して作成したこの都市地図、写真が撮られた場所に点を打っていくことで作られています。

ここで面白いのは、「その都市で一ヶ月以上写真を撮り続けているユーザー」を「ローカル(現地人)」とし、その人たちの写真を青い点で、「その都市では一ヶ月以内の間しか写真を撮っておらず、別の都市でローカルなユーザー」を「ツーリスト(旅行者)」とし、その人たちの写真は赤い点でプロットしていることです。

ちなみに黄色い点は「どこでも一ヶ月を越えて写真を撮ってないので、ローカルかツーリストかわからないユーザー」の写真ということ。

上の東京の地図では、赤くなっているところが観光客がいっぱい写真を撮ったところで、青くなってるところは東京の住人がいっぱい写真を撮ったところ、となります。

京都もあります。

Locals and Tourists #81 (GTWA #48): Kyoto

一覧ページでは、60都市を可視化した地図が、プロットした点が多い順、つまりたくさん写真をアップロードされている都市順に並んでいます。東京はロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコ、パリに次いで5位。京都はブエノスアイレスとニューオリンズに挟まれての50位ですね。

写真がたくさん撮られた都市ということで、これら60の都市は世界的な観光地が多いようです。これから行く旅行先の都市を見ておけば、観光客としてどのあたりが面白いのか、地元民がよく行く(たぶん写真を撮るにも良さそうな)場所で観光客があまりこないところはどのあたりか、といったこともなんとなく掴めるのではないでしょうか。面白いデータの可視化だと思いました。

Damn, Tourists! « Burrito Justice via Where the tourists really flock

世界の通貨記号地図

世界中で使われている「¥」のような通貨記号を、使っている地域に配置した世界地図というのがありました。

中国元も「¥」なんですね。(トルコの£は間違いで、TLだ、と指摘があります)

Wikipediaによると、「通貨記号が存在しない通貨を表すときの一般的な通貨記号」というのもあるそうです。

¤

がそれだということ。フランス・デンマーク・ノルウェー・スウェーデン・フィンランドのキーボードには、この記号のキーもあるとか。

via Wikipedia, Creative Commons Attribution ShareAlike 2.5