アメリカの外食産業にだってバカはいますよ

反対に、アメリカの場合は最低賃金スレスレで働かされている外食産業や、流通の現場などには「プランク」の伝統はありません。

若者の「悪ふざけ」がエリートの特権である社会とは? | 冷泉彰彦 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

そんなわけない。

6C7737355-6C7712300-tdy-130603-taco-bell-shell-1.blocks_desktop_small
JJ O’Brien Nolan / Facebook

2013年6月 タコベル タコシェルを甞めて解雇

a_560x0

2013年6月 ウェンディーズ フローズンアイス直飲み

2-standing-in-lettuce

2012年7月 バーガーキング レタス仁王立ち

51263ea13aa82

2013年2月 KFC マッシュポテト舐め

Burger-King-Birthday-Sink-Bath

2008年 バーガーキング シンクで入浴

subway_eatery_2

2013年7月 サブウェイ マイ・ホットドッグ と 冷凍小便ボトル

最後のなんか日本の一連の炎上が裸足で逃げ出すレベルでは。なんでも日本人論で片付けるのはちょっとどうなのかなと思います。

[追記 2014-04-05] ロシアにもね

中国のロシア国境付近で売られている魔法のUSBハードディスク

Jitbitブログによると、中国との国境に近いロシアの街で、このようなUSBハードディスクが「故障した」と持ち込まれることが増えているのだとか。

この500GのSamsung製(と思わせる)USBハードディスク、中国側の街で「驚くほど安く」買ってきたものらしいのですが、たとえば映画のファイルをコピーしても、保存した映画が最後の5分しか再生されないとか、謎の症状がでるということ。

修理を依頼されたロシアの店は、もうこのドライブを何個も持ち込まれていることがわかりました。ドライブを開けてみると、中にはハードディスクが入っておらず、代わりに128MbytesしかないUSBメモリーが差さっているのだとか(図の下)

どうやら、このUSBメモリー、パソコンにさされたら自分が「500GBの容量があるように」見せる機能を持っているようです。さらに、一定以上のファイルをコピーしようとして容量が足りなくなると、ファイルを書き足す代わりに先頭に書き込みをループさせて、前に書いた分をしれっと捨てるように出来ているのだとか。

中国のセールスマンは、目の前でこのドライブにファイルをコピーしてみせて、「ほら、動くでしょ」とまでしているみたい。こんなのが出回ってたら、店頭でちょっとしたファイルを書き込んで、それが確認できたからといって、安心できないですね。

via TDW Geeks

全体主義風ツイッター/フェイスブック/アップル ポスター

こういうパロディ好きだなあ

どれだけリムられようと、ひたすらフォローせよ

ツイッター: エゴの基の平等を

フェイスブックはすべて。マークがすべて

アップルか、しからずんば死か

via La Revolución Digital Pt. 2.

ロシアのキーボード石碑群

ロシアのエカテリンブルグに、こんなQWERTYキーボード(+キリル文字つき)のモニュメントがあるそうです。

こちらの方が石がキレイなので古いのかな。

via Wooster Collective: Monument to the Keyboard

ロシアの銅像なりきりコンテスト

ロシアでの「銅像になりきるコンテスト」の出場者たちの写真だそうです。

russian-living-statue-1_002

russian-living-statue-1_006

russian-living-statue-1_019

リンク先には50枚以上の、このコンテストの写真があります。

Чемпионат живых скульптур в Евпатории (57 фото) » Триникси – Вселенная Развлечений. Картинки, приколы, видео, флэш

via English Russia