ブログの表示崩れを指摘するコメントスパム、検索してみたらすごい多かった

ブログにこんなコメントが。

“Hey just wanted to give you a quick heads up. The words in your article seem to be running off the screen in Chrome. I’m not sure if this is a format issue or something to do with web browser compatibility but I thought I’d post to let you know”

(訳) やあ、ちょっとお伝えしておこうと思うんだけど、Chromeで見ると文字が画面の外に流れて行ってるみたいだね。フォーマットの問題か、何かブラウザ互換性の問題かはわからないけど、知らせておこうと思って。

僕いつもChrome使ってるし、表示も全然崩れてないんですが。しかも日本語のブログにわざわざコメント? と思って書き込み者のところを見ると、英語で「背中の痛み.com」的なアドレスが書かれているわけで、リンク稼ぎのコメントスパムなわけです。

“Chromeで見ると”のところを抜いて“The words in your article seem to be running off the screen in”で検索すると、出るわ出るわ。

ネット中に100万件以上のコメントが、「やあ、このページはSafariだと文字が画面の外に…」「やあ、Internet Explorerだと…」「Firefoxだと…」「Operaだと…」と、ランダムにブラウザ名を入れ替えて、コメントフォームのあるあらゆる言語のあらゆるページに同じ書き込みが見つかりました。

この手の自動コメント投稿スパムは、ブログの本文について、何か感想を言っているようで実は何も言ってない、というのが特徴で、「やあ、すばらしい記事だね、感動したよ、その調子でがんばって!」みたいなのが多いのです。単純なプログラムで、本文の内容を解析してそれに合わせた自然なコメントを作るなんて、今は無理ですからね。SEOスパマーってのは楽をして手っ取り早く稼ごうとしている悪いやつらですから、そんなところは頑張らなくて、その自動コメントも、どんな記事に対してでも通用する文章しか使えないわけです。

しかし、ブログやサイトに関係なく通用する文章として、特定ブラウザでの表示の乱れとか、ブラウザ互換性を絡めてくるとはうまいな、と、変な方向で感心してしまいました。他のブラウザで崩れている、という指摘は無視しづらいものがありますし、一見親切なコメントに見えるため、たくさんコメントがついたり、コメントをあまり確認しなかったりするブロガーなら、消されずに残る確率は高まるでしょう。それで100万件もネットに残った結果、このスパマーが推している腰の痛み.com(リンク先ももちろんいろいろあります)が検索結果で上位に出てきてしまうわけです。

ソーシャル系サイトの招待を装ったスパムが増えてますね

ここのところ、スパムフィルタを通り抜けて「HogeHogeさんがあなたを友達として登録しました。どうしますか?」という(英文の)メールが届くことが多くなりました。

でも、ドメインを見ても、そんなサービスに登録した覚えがないんですよね。面白そうなソーシャルサイトは片っ端から登録しているので、登録したことを忘れてる可能性もあるかな、と思って、過去のメールをそのサービス名やドメイン名で検索しても、一件も出てきません。なので、結局ゴミ箱送りなんですけど。

商売のスパムだけじゃなくて、ソーシャルサイトのプロモーションでやってるのかもしれませんけど、どっちにしても嬉しくないなあ。

ここ一週間ぐらいFacebookが盛り上がっていて友達申請も飛び交っていると思いますけど、ソーシャルサイトからの通知メールもなんでもクリックするんじゃなくて、ちょっと注意しておいたほうがいいかもしれません。

書評 ブログ&掲示板攻撃・防衛マニュアル

ブログ&掲示板攻撃・防衛マニュアル/三沢 武士

[am]4861910838[/am]

IPアドレス、プロクシー、リファラーなどネットの仕組みのうち、掲示板管理者やブロガーに関連するあたりを説明したり、心の病の症状分類や掲示板上での振る舞いについて書かれている本です。

2ちゃんねるやブログコメントなどで、自分の分身を何人も放って演じ分けることで議論で勝つ(それ議論で勝つって言うのかしら)ための方法などが詳細に書いてあって、とりあえずわかったことはこの本の作者を敵に回したら自分のブログとかたいへんなことになるかもな、ということでした。護身術よりカラテ、みたいなかんじで。

ブログコメント欄にへんな人が来て困っているような人たち向けの本、なのかなあ。まあそれなりにまとまっているので本当の初心者でどうしてもこういう方面に詳しくなりたければ最初の一歩としては読んでもいいかもしれません。

今日のtwitterスパム

ユーザ名==ドメイン名、というtwitterユーザからfollowされました。「どれどれ」とサイトを見に行くことを期待しているようですね。もちろん無視です。

知らない人から勝手にメッセージを送られない(というか、送られても見ないので気づかない)というのは、eメールよりもだいぶマシですけど、followという行為自体がスパムに使われるとねえ、どう防いでいいものか。