英語圏のタレントブロガー

前の記事で、英語圏でのtwitterに有名タレントが(ライターを雇ってでも)参入、という話を書きましたが、ブログの方は日本ほどテレビタレントが幅をきかせているわけでもないようです。日本のタレントブロガーはギネスに載ってますからね。(カウントの仕方に微妙な点があるとはいえ、)影響力は大きいのでしょう。

ではどんなタレントがブログで有名なのでしょう。2008年のWeblogs Awardsというオンライン投票では、Celebrity Blogger(有名人ブロガー)として投票を受けたのはこういう人たちです。

  • ウィル・ウィートン(俳優)
  • ブリトニー・スピアーズ(歌手)
  • マーガレット・チョー(コメディアン・女優)
  • カニエ・ウェスト(歌手・プロデューサー)
  • ジョン・メイヤー(歌手)
    • 同じ賞の2007年度版で一位を取ったのがギルバート・アリーナスというNBAのバスケットボール選手。余談ですがこの人、僕がアメリカに居た頃に地元のチームに在籍していて、人気選手でした。

      しかしこのアリーナス選手、最近長い怪我から復帰したのはいいのですが、「ブログはもう引退だ」宣言(“No more blogging for me.”)もしています。「プロスポーツ選手で最もブログを活用して意見を述べている中の一人」とも紹介されていますが、ブログを止める理由は「ブログを持つことが諸刃の剣だとわかったから。自分を殺そうとするものになったから」、もっと詳しく言うと、「自分も楽しんでファンも喜んでいたけれど、ブログの一部を抜き出して別の用途(訳注: 言ってないことをニュースにするとか)にみんなが使い出したから」ということです。人気スポーツ選手だから、スポーツ欄の記事のネタに拾われて、言ってもいないことを書かれたりしたんじゃないでしょうか。

      気持ちはわからないでもないですね。僕もブログを何年も書いてきましたけど、書き続けると書いた文章の量は膨大なものになります。誰か悪意のある人がいれば、丹念に過去の文章を掘り返して、二つの矛盾する主張が書かれた記事を見つけたり、最新の事件等で白熱した世論から振り返れば批難できるような記述を見つけ出したりすることもできるかもしれませんからね。まあ、そんな突っ込みの入る記事だらけのブロガーだったらしょうがないですが、そういう人はかえって突っ込まれても気にならなかったりしますし。

    Cisco Fatty騒動/twitterで解雇

    twitterの英語圏でここ数日盛り上がっているらしいのが、”Cisco Fatty”というキーワード。The BrandBuilder Blogの記事「140字以内で職を失う方法」によると、事件はこういう流れのようです。

    1. ある女性がシスコの採用通知を受け取りました

    2. その女性はtwitterを「全員に公開」の状態にしたままで、「シスコから採用通知を受け取った! 今気前のいい(fatty)給料と引き換えに、毎日サンノゼまで通勤して嫌な仕事をするべきかどうか検討しなきゃ」(Cisco just offered me a job! Now I have to weigh the utility of a fatty paycheck against the daily commute to San Jose and hating the work.)というつぶやきを書き込む

    3. (“Cisco”って名指ししてるから当然ですが)コミュニティ担当でもあるシスコの従業員がそのポストを見つけ、twitter上で反応

    「@theconnor, 採用担当は誰だ。彼らは君がその仕事を憎んでいることを知りたがってるに違いないと思うよ。われわれシスコはウェブのエキスパートだからね。」(Who is the hiring manager. I’m sure they would love to know that you will hate the work. We here at Cisco are versed in the web.)

    fatty_answer

    ただし、この強烈なメッセージは、現在書き手のTim Levadさんのtwitterからは削除されてしまっています。

    4. 女性はtwitterをプライベートモードに変更

    5. 女性は放置していたWordPressを使って弁明「あなたがたに知っておいてもらいたいこと(There are things you should know.)」を書き込む

    これだけ多くのtwitterユーザの間で話題になってしまった以上、採用側のシスコもなんらかの対処を取らざるを得ないでしょうね。

    Mixiで繰り返される炎上事件と似たところはあるかと思います。犯罪自慢ではないですけど。twitterで思ってることを数人~数十人の知人に伝えるつもりで書く、なんてことは誰でもやってると思うのですが、社名まで書いてしまっては便利な道具がたくさんある現状、相手に見つかるのは当たり前ですし、もし社名がなくても、時間を使って誰かの発言を追いかけていけば特定できることもあるかもしれません。

    事件を伝える各ブログのコメント欄を見ると、今ベイエリア全体が景気後退影響で沈んでいて、大量の解雇が行なわれており、職探しに血眼になっている人が多い状況で、いい給料に文句を言いながら採用されたこの女性の態度にカチンと来てる人も多いようす。

    仕事がつまらないと思ったり、今やってる仕事が嫌だと思ったりすることなんで誰にでもあるとは思いますが、それをネットに書くことで想像もしなかった大事に巻き込まれることはあるし、これからもっと増えていくのかもしれません。

    しかし、なんかすっきりしない嫌な感じも残ります。上品とは言えませんが、軽口や照れ隠しでこれぐらいのことをしゃべったりすることは、日常あるように思いますし、こういうリスクに備えようとしたら、公開のtwitterやブログをすることも避けたほうがいい、なんて方向にも行きかねない気もします。どうすればいいのかわかりませんが。

    via I’m Not Actually a Geek via The BrandBuilder Blog

    私もCHANGEを必要としている

    「私はCHANGE(変革)を求めている」といえば米民主党大統領候補のオバマ氏の有名なフレーズですが、Diggでこんな写真が話題に。

    小銭のことを”change”と言うからこそできた、英語らしいコピー。

    この前にも、同じCHANGEにひっかけてこういうのがあったようです。ボードが意味するところは異なりますね。

    Google Suggestでアルファベット一文字検索

    Googleのトップページでも、Google Suggestによるキーワード提案機能がつきましたね。もともとGoogle Labsで実験サービスとしてはずっと存在したものですけど、便利だという意見が、お節介だという意見を上回ると見たのでしょうか。

    ブログO’Reilly Radarでは、アルファベット一文字を入れたときにGoogleが何のキーワードを第一に提案してくるか、を調べることで、Googleがどんなキーワードやブランドを有名と認識しているのか、を語っています。2004年にもやっていたこの企画、英語でどんなキーワードが優勢なのか見てみると発見があって面白いです。

    Letter 出てきたキーワード 説明
    a amazon
    b bebo ヨーロッパで強いSNS
    c craigslist クラシファイド(個人広告)サイト
    d dictionary 辞書サイト
    e ebay 世界最大のオークションサイト。日本からは撤退してますが
    f facebook
    g gmail
    h hotmail
    i ikea イケア強いですね
    j john lewis イギリスの小売店チェーン
    k kelly blue book 中古車の価格調査
    l limewire Winnyのようなファイル共有ツール
    m myspace
    n nbc olympics NBCは全米ネットのテレビ局の一つ。ちょうどオリンピックでしたからね。nはすぐに別のものに変わりそう
    o olympics 同じくオリンピック
    p photobucket 写真共有サービス
    q quotes 引用を調べる人が多いんですね。聖書とかシェイクスピアとかを引くときに検索するんでしょうか
    r runescape ブラウザで動くオンラインネットゲーム(MMORPG)。そんなに人気あるんだ
    s sears アメリカの巨大小売チェーンストアー・シアーズ
    t target 同じくアメリカの巨大小売チェーンストアー。赤い二重丸のロゴの店です
    u utube YouTubeをutubeと書いたり検索したりする人も多いということですか
    v verizon wireless アメリカのケータイキャリア・ベライゾン
    w wikipedia
    x xbox
    y youtube
    z zip codes アメリカの郵便番号です。

    日本語のGoogleで検索すると、日本語での提案が出てくるので、結果はまったく違います。Asiajinの方では、日本で出てくるブランドを英語で説明してみました

    また、その他の言語でもどうなるか、調べてみたのがこれです。

    Google Suggestなにをいう

    ロッキー青木堕つ

    ベニハナの創業者ロッキー青木氏が亡くなられたそうで。

    僕がはじめてロッキー青木氏のことを知ったのは、ベニハナの挑戦という古い劇画です。日本を飛び出して単身アメリカに渡ったロッキー青木氏が、人種差別に負けずにアイスクリーム屋で成功したり、学校であっちの女性とくっついたり別れたり、シェフが踊る鉄板焼き屋を作ったり、ボートレースで死にそうな怪我しても復活したり、という、なんか下手するとホラ話かと思うほどカラフルなチャレンジ人生を送ってる、という現在進行形の話でした。

    [am]4828406441[/am]

    まあ、劇画の主人公の美化率がすごかったので、巻末に出てたロッキー青木氏の写真を見てまたびっくりしたわけですが。ただ、アメリカに挑戦して成功した数少ない日本人、という印象が強く残っています。

    こちらがオリエンタリズムと料理を融合させた、アメリカにしか存在しない鉄板焼きベニハナの調理風景です。

    肉放り投げたりするので、日本人だったら「食べ物で遊ぶな」と言うかもしれませんけど、これが受けてアメリカ中にベニハナ・チェーンができたわけです。アメリカでも最も有名な日本人の一人じゃないでしょうか。

    ロッキー青木氏の娘が女優のデボン青木ですね。

    [am]B000PUB4R8[/am]