電子書籍で世界をリードする日本

ここのところ毎年が電子書籍元年ですけど、日本の電子書籍市場ってものすごく大きくて、それも今年突然伸びたわけじゃないんですね。

検索で良く出てくるのが矢野経済研究所のレポートで、最新のは2010年11月18日に出たこれ [pdf] かなと思いますが、2009年時点で630億円の売上があると推計されています。2010年の予想は670億円。

一方アメリカの方はというと、2010年11月8日にフォレスターが2010年の売上が9.66億ドルになりそうだ、と言っています。これを今日のレートで換算すると796億円になります。

あれ? 人口が2.5倍いるのに、売上は18%しか多くないですよ。iPadとかKindleがあってもそんなものなんだ。

インプレスR&Dのレポートでは、日本の電子書籍市場の89%は携帯電話向けで、その中心は電子コミックだということです。なるほど。ケータイで読むマンガが日本の電子書籍の主流で、その規模はマーケットがもっと大きなはずのアメリカとも匹敵するレベルにあるんですね。

じゃあなんでこのへんを無視して「電子書籍元年」とか言っちゃうかというと、ケータイでマンガを読むことを「ケータイで読むのは読書じゃないし、漫画は書籍じゃない」と言うような人達が、これまで長年やってきた紙の厚い本を読む習慣に似たものだけを「電子書籍」と言ってもてはやしているのではないかなあ。

僕は漫画が大好きで、文字の本と漫画で同じものが書かれていたら迷わず漫画の方を読むので、もっと漫画が増えればいいし、世界中の人ももっと漫画で知識を得るといいよ、と思っています。

参考:

秋元 » 書籍vs電子出版じゃなくて、書籍vs電子出版vsウェブだよね

秋元 » [The Japan Times記事翻訳]日本の漫画ファンは携帯電話を図書館に変えた。可能性は尽きない

フラッシュモブ結婚式 at ボストン

いやあこれはすごい。

アメリカ、ボストンのショッピングモール、プルデンシャルセンターで行われた、突然そのへんの人が歌い踊るというフラッシュモブですが、今回のフラッシュモブが違う点は、そのまま結婚式が始まってしまうところです。

普通の通行人が何人か歌いだしたと思ったら、あわせて踊る人がどんどん増えてきて、というあたりはどのフラッシュモブも同じなんですけど、途中踊りの輪の中から新婦が現れたり、ウェディングロードを敷く人が出てきたり、儀式を執り行う人が出てきたりと、驚く本当の通行人たちも巻き込んで盛り上がっていきます。

アメリカの大手スーパーで漢字をあしらったクールなランプが売られる。ただし漢字の意味は「セックス」

ぶはははは

性のテーブルランプ

Target(ターゲット)といえば、日本でいうジャスコやヨーカ堂のような大手総合スーパーですが、中華料理のテイクアウトでよく使われるダンボール製の箱の形に似せたテーブルランプを売り出したそうです。

中華料理ということもあり、そのランプシェードには漢字が…

おおきな「性」の字。

Targetのオンラインショップの説明には、「子供部屋に最適」とか書いてあります。

「なんかよくわからんが漢字をデザインに使えばクールだろう」と思ったんでしょうね…

Shanghaiist via The Blotter

関連

史上最低の翻訳ミス

ストリートファイター・ハイスクール

ビバリーヒルズ高校白書のようなドラマで、登場人物がみんなどっかで見たようなやつら…

口ゲンカで相手を罵るときに「ハドーケン」とか「ショーリューケン」とか言ってる。あと例の車壊すシーンとか。ハン・ジュリが出てくるので最近作られたものだとわかります。

ひとつ言わせてもらうと、ケンはヒドイ!

via Street Fighter High | Koku Gamer