[障害報告] 読んだ4の不具合により、2/19-2/22の間記録の重複が発生していました

2月19日10時~2月22日23:20まで、データ処理の失敗により記録の重複が発生していました。

原因の不具合は修正済で、重複の記録も削除しました。不具合指摘のご連絡をくださったみなさま、ありがとうございました。

TwitterのユーザーIDの桁数が大きくなっており、開発当初は想定していなかった変数で桁あふれを起こしていたのが原因でした。今回の修正で、Twitter社が内部で使っていると思われる桁数まで対応したので、同じトラブルは起こらないだろうと思います。

不具合があった期間の記録も抜けずに反映されているはずですが、もし抜けがあった場合は、お手数ですがもう一度ツイートしなおしてください。

[障害報告] 読んだ4の不具合により、11/22-11/25間の読書記録を取ることができませんでした

読んだ4のサービスの読み込みが、11月22日の昼から停止していました。ごめんなさい。

障害の影響

読書記録の受付を行うプログラムを再開しましたが、遡って11月25日23時頃からのツイートしか取得できなかったため、その間3日間のツイートがわからず、記録がされていません。

この期間に@yonda4 された方は、お手数ですがもう一度つぶやきなおしていただけますでしょうか。申し訳ありません。

修正内容と今後の見通しについて

ツイッターAPIの中に、こちらで利用しているライブラリで読めない種類の文字が入っていたため、スクリプトが停止していました。今回、この文字が入っていても無視するように修正したため、同じ原因で同様の問題が起こることはないと考えます。

読んだ4!がBentoBoxアフィリエイトツールコンテストで銀賞をいただきました

ツイッターユーザーなら誰でも使える読書記録サービス読んだ4!が、リンクシェアさんの主催されたアフィリエイト活用コンテストで銀賞を授賞しました。ありがとうございます!

このBentoBoxのコンテストは、リンクシェアAPIを使ったサービスやアイデアのコンテストだったのですが、読んだ4!では書籍の詳細ページに、リンクシェアAPI経由でブックオフオンラインの古本のページをご案内するために使っていたので応募してみました。

本を扱うサービスではアマゾンのアフィリエイトを見ることが一番多いと思いますが、読めれば古本でもこだわらないという人もいるので、読んだ4!にオンライン古書店のリンクもつけられたのは良かったと思っています。

多聴多読マガジン2月号で読んだ4!の英語版I’vReadをご紹介いただきました

発売中の多聴多読マガジン2月号にて、読んだ4!の英語版I’vReadをご紹介いただきました。

読んだ4!は日本のAmazonで扱っている(主に)日本語の本を記録しますが、I’vReadでは英語の本、アメリカのAmazon.comで売っている本を記録できます。

「Twitterでつぶやき英作文」という特集で、ツイッターを使って海外の有名人をフォローしたり、ツイッターで英語をつぶやくときの英語の書き方例などを紹介されていますが、その中のコラムで、ツイッターを活用する関連サービスとしてI’vReadを紹介していただきました。

読んだ4!の読書記録が3万冊を超えました

ツイッターで読書記録を取る読んだ4!の読書記録が、30,000冊を突破しました。ありがとうございます。

今は旅行中なので持ってきた台湾の本しか読むものがありませんが、最近は自分では以下のやりかたでつぶやくことが多いです。

  • 読み終わったら、右サイドバーの「書名検索」で、本の背表紙にあるISBNを入れる。「4533065341」など
  • 検索結果でその本が出てくるので、「自分を読んだ」ボタンを押してツイッターの画面を出す
  • ツイッターのウェブサイトで感想を足してつぶやく

このやり方だと、書名を入れる場合と違って間違って認識されることはないので。絶対間違いのなさそうな書名だったら、普通に普段使ってるツイッタークライアントから書名でつぶやいてもいいのですが… 本の名前の判定をするところでどうしてもうまく判定できない場合があるので。ごめんなさい。

ともあれ、たくさんのツイッターユーザーの方に、毎日の読書記録手段として使っていただいていて、とてもうれしいです。これからもよろしくおねがいいたします。