アメリカンジョーク: 意識不明だった妊婦が産んだ双子に兄が付けた名前

妊娠8ヶ月の女性が交通事故に遭って半年間意識不明状態でした。

彼女がついに病院で目覚めた時、看護婦は彼女に既に女の子と男の子の双子が産まれていることを伝えました。

双子たちは健康で、彼女の兄が名前を付けたと聞かされた彼女は「兄はおバカなの。いったいどんな名前を付けたの? 娘の名前は?」

看護婦が「メイです」と答えたとき、彼女は思ったより素敵なその名前に、兄は恐れていたほどのバカじゃなかったかもと思い直しました。

「では、息子の名前は?」

「オイです」

Italian Bronx Joke

Then there is the story of the Italian woman from the Bronx, eight months pregnant, who goes into a six month coma. When she finally awakes in the hospital she is informed by the nurse that while she was in her coma she delivered twins, a girl and a boy. The babies are healthy and her brother, also from the Bronx, named them. “My brother is such an idiot, what could he have named them? What is my daughter’s name?”

When the nurse answered Denise the woman thought that is quite nice and perhaps her brother wasn’t quite the idiot she feared. “And what is my son’s name?”, she inquired. The nurse answered “Denephew”.

via The Big Apple: “Denise” and “Denephew” (New York dialect joke)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。