バス待ちの人同士がリモートで対戦できるバス停がアメリカ・サンフランシスコに登場

サンフランシスコのバス停に登場したのは、待っている間に4つのゲームを遊べるタッチ式のビデオスクリーン。

これ、アメリカのヤフーが市内20箇所のバス停に設置したもので、バスを待っていて暇な乗客が他のバス停にいる乗客とゲームで対戦することができます。4つのゲームはパズルやクイズ物。

ゲーム開始時に、サンフランシスコの20の地域から「どの地域を代表して遊びますか?」と訊かれるそうですが、これはこのゲームが提供されている2ヶ月間のすべての勝ち負けを集計して、20の地域から一番優秀だった地域を選ぶのに使われるんだとか。

そして、勝った地域へのご褒美として、ヤフーがその地域の参加者をOK Goの無料コンサートに招待してくれるということです。

さて、これは公共交通機関のプロモーションとしては確実に新しいと思います。(ヤフーのプロモーションでもありますが) しかし、考えてみると、日本でも電車やバスを待っている時にケータイでネットワーク経由で遠方の多数の知らない人と競ってゲームしている状況はあるわけですね。

バス停でタッチパネルで提供することで、普段ゲームと関係ない人にも参加してもらうことができる。とか、地域を代表するという概念を入れてチーム競技とすることで、コミュニティへの帰属感を出す。というところは違いますが、今のソーシャルゲームの上にこれらの要素を関連させていくというアイデアもあるのかもしれませんね。

via San Francisco Examiner and PSFK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。