ツイッターのステータスに含まれる大量の情報を中の人が解説した図

TwitterのAPIエンジニアRaffi Krikorianさんが、ブログにて現在のTwitter Statusオブジェクトが持っているデータの構造を説明する図を公開しています。

APIバージョン2ではXMLのサポートをやめてJSONだけにする計画がある(既にいくつか、JSONでしか取れないAPIもある)ということで、JSONで説明されています。

map-of-a-tweet

140字のつぶやき「だけ」のサービスですが、ユーザー情報も含まれているためもあり、こう見るとかなり大きなデータという気もしてきますね。

「ツイッターのステータスに含まれる大量の情報を中の人が解説した図」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。