[台湾 17] 故宮博物館, 美麗華百樂園と観覧車

故宮博物館。円山駅前から213番バスでも行けそうに思ったけど213番のバス停が見つからず。MRTに二駅乗って士林駅から小18番のバスに乗ります。MRTとバスを乗り継ぐとバスが半額になるようで、$15+$7。

送信者 Taiwan 01-02

故宮博物館は3時間ほどの滞在。

送信者 Taiwan 01-02

セルフサービス式の日本語音声ガイドを借ります。パスポートを預けて$100

送信者 Taiwan 01-02

いくらでもじっくり見られるのだけれど、疲れるし足も痛くなってきたので全部回るのは諦める。展示も常設以外のものが3カ月とかでよく回転しているようで、数回来ても豊富な所蔵品のほんの一部しか見られないように感じた。大英博物館やルーブル美術館よりも建物全体の規模は小さいのかな。閉まっていた部屋もいくつかあったし。

送信者 Taiwan 01-02

今回の特別展は清の雍正帝とその時代の文物。在位が短い割にいろんなことをやった皇帝で、文化面でもこれこれこういう成果がありましたよ、的な展示。このスペースがかなり大きい。特別展が占める割合が大きいということは、年に何度も足を運ぶ人にとって常に新しいものが見られるということですね。

僕は清代は後半の歴史の方なら興味あるけれど、文化はそうでもないので、宋や隋唐時代の展示を中心に回りました。べいふつの書については既に書いた通り。

故宮博物館と美麗華百樂園(ミラマーデパート)の観覧車の共通チケットを買っていた($250, 故宮博物館だけだと$150)ので、地下1Fから出る無料のシャトルバスにのってミラマーへ。途中、自強トンネルというトンネルを通りました。故宮博物館は市の北側の山あいにあって、そこから直接市の方に来るにはこのトンネルしかないようです。

送信者 Taiwan 01-02

ミラマーの地下のフードコートで、客家料理(と看板に書いてある)を食べます。

送信者 Taiwan 01-02

味はまあまあ。というか普通。ちょっと期待しすぎたかも。夕方5時過ぎでしたが、三連休の中日で土曜日なことからとても混んでいて、席を見つけるのもたいへんだったし、食べ終わり頃から横に席待ちの家族がずっと立っててちょっと気まずかった。

送信者 Taiwan 01-02

「安心のニュージーランド牛肉を使っています」どこでも似たような光景ですね

ミラマーの上、ベビー用品階へ。授乳室に行ったのですが途中で子供写真館のブースが出ていて、子供の写真をキーホルダーにしてくれました。無料。デパートのサービスなのか、その後もっと立派な写真集を作ってもらうための宣伝かわかりませんが。

そして、5Fに登って観覧車です。デパート自体は盛況ですが、外は雨が降ってることもあって、並んでいるのは10組ぐらい。

送信者 Taiwan 01-02

普通のゴンドラと下まで全部透明のゴンドラの列があって、全部透明なのは1時間待ち(2,3組しか並んでなくても)ということなので、普通のにしました。

送信者 Taiwan 01-02
送信者 Taiwan 01-02
送信者 Taiwan 01-02

足りなくなりそうだった粉ミルクを隣のカルフールで買いました。帰り際にミラマー2Fにもあった授乳室(ちょっと規模は小さい)でオムツ替えをしましたが、その時にオムツ鞄を置き忘れてしまったようです。これのせいで明日もまたミラマーに来るのですが。

帰りはMRTの木柵線に初めて乗りました。木柵線は新交通システムで、4両編成で運転手無しです。一番先頭に行くと、前が開けて見えました。雨でしたがそれでも、国内空港の下を通る長いトンネルや、その後の台北市内の夜景が見られました。

送信者 Taiwan 01-02

青い線、淡水線と乗りついで帰宅。

送信者 Taiwan 01-02

帰宅途中で、哺乳瓶を入れていた袋も落としてしまったみたいで、子供のためのお出かけセットがまるまる無くなってしまいました。疲れすぎていると注意力散漫になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。