元祖PayPerPostがPay Per Tweetに参入

IZEA社, というか改名前はPayPerPost社、悪名高きペイパーポストの語源となった会社が、twitter上でのペイパートゥイートに参入するそうです。

twitterのつぶやきを広告として売る、というビジネスはMagpieが半年以上前からやってますが、幸いそれっぽい広告をつぶやく人を見たことはないです。まあ英語だろうから見ないのかもしれませんけど。

ペイパーポストの歴史がtwitterでも繰り返すとすると、日本にこれを真似た下品なビジネスモデルの会社が10社ぐらい次々と登場し、「指定されたリンクをつぶやくだけでおこづかいが貰えます」と宣伝しだすのは一年後ぐらいですかねえ。twitterが米国みたいにキャズムを越えそうかどうかにもよるかしら。

さすがにステルスでやるつもりはないらしく、#spon というタグをつけること、というルールなんだそうですけど、#spon が多いようならそれをクライアントで無視すれば、リテラシーの高い人は見ずに、一般の人はクチコミだと思って乗ってしまう、というブログやニュースサイトで起こっているのと同じようになっちゃうかもしれません。というかなりますねきっと。

[更新 2009.08.05] Sponsored Tweetsというサイトで、予告されていた通りのtwitter広告プログラムが始まったようです。何人かの有名twitterユーザーも擁しているようです。

via Adweek

「元祖PayPerPostがPay Per Tweetに参入」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。