グーグル爆弾がオバマ大統領を直撃

“miserable failure”(みじめな失敗)というキーワードでジョージ・ブッシュ大統領の経歴ページにリンクを張ろうぜ、というSEOを活用したイタズラ(嫌がらせ)が何年も前からあって、これに代表されるリンクテキストを使ったおかしな検索結果を作ることを”Google bomb”(グーグル爆弾)といいます。

“miserable failure”→ブッシュ元大統領については、Googleが特別に対処したとかで起こらなくなったはずなのですが、検索エンジンのアルゴリズムなんてどこも似たようなもので、アメリカのヤフーで”miserable failure”を検索すると、なんとあの人のページが一位に出てきてしまいます。

オバマ大統領の就任式にあわせて、ホワイトハウスのサイトが完全リニューアルしたのですけど、リダイレクトの設定がよろしくないせいでこんなことに。元々このイタズラをしてた人たちの思惑とは違う結果なんじゃないかなー。

via Search Engine Land

関連

Google地図爆弾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。