RSS FooterでWordPressのRSSに情報を入れてコピーブログを防ぐ

というのがDiggのトップに出ていたので、試してみました。まあそんなたいした話じゃないんですが。

RSSなどのフィードを読んでは別のスパムブログを作るスプロガーに対抗する方法の一つとして、フィードの本文の中に自分のブログ名やリンクを入れたり、オリジナル記事へのリンクを入れたりしたらどうか、という提案で、既に実施しているところもたまに見かけますね。

元記事では、スプログからリンクを張らせることでSEO効果もアップ、とか言ってますが、これはどうだかわからないですね。スプログを排除したり、スプログからのリンクを数えなくするように検索エンジンは改善を続けてるわけですから。それに、ワードサラダとかには効かないし。

RSSのテンプレートを書き換えれば、WordPressでも、その他のブログシステムでもできるんですが、プラグインになっていれば設定はブラウザで変更できるし、テーマを差し替えても消えたりしないので、こういうのでもプラグインになってる意味はあるかな、と思いました。

以下導入方法

  • 配布ページからrss-footer.zipをダウンロード、展開
  • wp-contents/plugins/rss-footer.php として、運用サーバにアップロード
  • 管理画面から[Plugins]でRSS Footerプラグインをオンに
  • [Options]-[RSS Footer]で、挿入したいテキストを入れる
  • コンテンツの前に入れるか後に入れるかを選択できる
  • 元記事へのリンクも入れたければ、下のチェックをオンに
  • [Update Settings]を押す

以上です。RSSが変わってると思います。

rss-footer.php 64行目のhtmlentities()が日本語を化けさせてしまうので、htmlentities()の第二、第三パラメータに

htmlentities($options['footerstring'], ENT_QUOTES, mb_internal_encoding())

などとしてます。

なお、フィードに署名をつける、というプラグインは他にもいろいろあるみたいなので、元記事は車輪の再発明だったのかもしれないです。他にはRSS Signatureとか、WordPress Plugin to Automatically add Copyright Message to your RSS / ATOM Feedsとかが昔からあるプラグインみたい。

「RSS FooterでWordPressのRSSに情報を入れてコピーブログを防ぐ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。