読売の敗退はクライマックスシリーズの存続にとって痛恨事

クライマックスシリーズ セでシーズン2位の中日がシーズン優勝の読売を破って日本シリーズ進出を果たしましたね。

上位3位がトーナメントで日本シリーズ出場をかけるプレーオフの仕組み、アメリカのメジャーリーグやNBA, NFLなんかの仕組みを参考に、パ・リーグでは数年前から導入されています。

僕はプレーオフ導入賛成派で、リーグ戦が最後まで盛り上がるのが大きいと思っていますが、一年間やってきて一位なのに日本一に挑戦できないのはおかしい、という反対意見も多いようです。

今回、たとえばリーグ優勝が中日で、でも読売が勝って日本シリーズ、とチームが逆だったら、プレーオフ成功だ、ぜひ来年以降も、となったと思うんですけれど、もっともファンが多く、また球団としても機構に影響力を持つ読売が、プレーオフ導入のせいで割を食った、となると、プレーオフ自体に否定的になる意見が強まりそうなんですよねえ。

まあ、あくまで制度に関して、という話で、日本シリーズは愛する日本ハムと中日の二年連続対決のほうがゲームとしては面白いと思うのですけど。もし読売が勝ってたら、小笠原(今年日本ハムから移籍)対日ハム投手陣、というところは面白かったかもしれませんけど。

あとこのあたりの改革(人によっては改悪か)については、完全ウェーバー制とか、テレビ放映料のリーグ分配とか、やっぱり戦力均衡が面白いと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。